オログンデ・サ 元無神論者、インド(2/4)

評価:
フォントサイズ:
A- A A+

説明: 「物事は、その対極によって明確にされる(アラブの諺)」。第2部:キリスト教についての所感。

  • より オログンデ・サ
  • 掲載日時 14 Jan 2013
  • 編集日時 14 Jan 2013
  • プリント数: 77
  • 観覧数: 12,238 (日平均: 3)
  • 評価: 2.2 から 5
  • 評価者: 72
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0
低水準 高水準

救済されるため、なにをしなければならないのか

「この質問に対する答えは… 全く何もありません!唯一の条件は神の言葉を信じることであり、こういうことです。『主イエス・キリストを信じなさい。さすれば汝は救われよう』

「信じるだけ? そう、それだけなのです! 信じることとは、神が救済について述べたことを完全に信頼することなのです。

「私たちは何を信じれば良いのでしょう? キリストは私たちの罪を背負って死に、彼は埋葬された後、3日後に復活したということです。

「キリストは私たちに永遠の命をもたらすために死にました。もしも永遠の命が欲しければ、次の祈りを捧げるのです。

天に召します我が父よ、私は自分が罪人であることを知っており、赦しを必要としています。私は今、イエス・キリストを我が主、救世主として受け入れます。私の罪をお赦しになり感謝致します。イエスの名において。アーメン。

ヨハネ1:12 しかし、彼(イエス)を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼(神)は神の子となる力(権力)を与えたのである。」

このチラシは私の人生を完全に変えました。私の心はただ、これが真実などということはありえない、と叫んでいました。それはあまりにも虚偽に満ちたものだったので、それを誰かが実際に信じているということ自体が信じられませんでした。これが、私と現代キリスト教との最初の(本当の)出会いでした。

現代キリスト教の信条について知った私は、驚愕の念に圧倒されていました。以下の項目は、私にとって全く不可解なものでした。

1.イエスは神であること。

2.イエスは私たちの罪を背負って死ぬために、人の形をとって地上に降りてきた主であり、救世主であること。

3.神は3つの位格を持つということ。つまり、三位一体であること。

上記の信条は、どれ一つとしてバイブルによる裏付けがありません。イエスは自らが神であるとは一度も主張していません。また、彼は私たちの罪のために死ぬなどとも一度も言っていません。バイブルを隅から隅まで目を通してみてください。そこには、三位一体という言葉すら存在しないのです。

上記の信条について、複数の疑問が私の脳裏をよぎりました。なぜ全能であるはずの神が、わざわざ地上に降りてくる必要があるのだろうかと。

もし神が何かを望むのなら、それを命じるだけで事は起きるはずです。イエスは人間だったのです。

もし彼が神だったと言うなら、なぜ彼は死んだのでしょうか? 神は死ぬものなのでしょうか?

さらに、もしイエスが人の姿をした神だったというなら、彼が祈りを捧げた対象は何だったのでしょうか? 彼は、自分自身に対して祈りを捧げたというのでしょうか?!

もしイエスが神なのであれば、神が自らを悪魔の誘惑の対象にするということなどあり得るのでしょうか?

もし天地の全てが神に属すのであれば、なぜ悪魔はイエスに世界の全ての国々を与えると申し出たのでしょうか? 悪魔を創造したのも神だったはずでは?

もし三位一体が本当に重要な信仰箇条であったのなら、なぜイエスはその三位一体についての教えを説かなかったのでしょうか?

創造主が自らの創造、またはその一部とはならないことは、誰にでも理解出来ることです。たとえ神が創造の一部となることが出来たとしても、なぜそんなことをする必要があるでしょうか? また、もし神がイエスとなり、私たちの罪のため死んだとすれば、私たちの今住んでいる世界は罪のない世界ということになります。そして罪が存在しないのであれば、私たちの罪のために死んだ事実とは一体なんだったのでしょうか。

それが達成したこととは一体なんなのでしょうか?

私が読んでいたものは、一級品の虚偽でした。それが根本から間違っていることは火を見るより明らかでした。

神の創造は完璧であり、そこから不備を見出すことは出来ません。私たちに理性と常識を備えてくれたのは神なのです。神は私たちに、筋の通らないことを信じるよう求めているというのでしょうか? 真理とは、道理にかなったものでなければなりません。探偵が真実を探求するとき、彼は手がかりを探し、証拠を検証し、知性を駆使します。人はこの方法を、宗教分野以外のあらゆることに適用しています。その際、人は知性を放棄し、教えられたことをすべて鵜呑みにするのです!

なぜ人は、イエスが人々の罪のために死んだなどと信じることが出来るのか、私は理解出来ませんでした。私はこの質問を、読者のあなたにしたいと思います。もしあなたが重要な試験に臨むとき、その試験に合格するためには何もしなくてよいと誰かに言われたのなら、それを信じることは出来ますか?

あなたがすべきことは、あなたの教師が試験のために勉強し、すべてのことを代理でやってくれるのだと誰かがあなたに言ったのなら、それを信じますか? あなたはただ、信じるだけで何もしなくてよいなどということを??

結局、あなたが何を信じるのかはあなた次第ですが、試験の結果が発表されたとき、あなたは0点を取っていることでしょう。それだけでなく、教師があなたのために勉強するなどといったおかしな考えをあなたが持っていたことを彼が知れば、彼はあなたを退学させるだけでなく、病院送りにして、精密検査を受けさせることでしょう!

低水準 高水準

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

  • (非公開にする)

  • あなたのコメントは審査の後、24時間以内に反映されます。

    星印 (*) の付いている項目の入力は必須です。

同カテゴリからの他の記事

観覧

毎日
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
合計
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)

編集者のおすすめ

(もっと 読む...)
(もっと 読む...)

リストの内容

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)

最もポピュラーなもの

最高の評価
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
最多のメール送信数
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
最多のプリント数
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
最多のコメント数
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)
(もっと 読む...)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。