L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

レオポルド・ワイス(政治家・ジャーナリスト、オーストリア)(パート 1 /2)

評価:
フォントサイズ:

説明: ドイツとヨーロッパのおいて最も権威ある新聞の一つであるフランクフルト・ツァイトゥングのある特派員がムスリムとなり、後にクルアーンの意味を翻訳する。パート

  • より イブラーヒーム A.バワニー
  • 掲載日時 06 Dec 2009
  • 編集日時 12 Dec 2009
  • プリント数: 394
  • 観覧数: 8043 (日平均: 2)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ドイツとヨーロッパのおいて最も権威ある新聞の一つであるフランクフルト・ツァイトゥングのある特派員がムスリムとなり、後にクルアーンの意味を翻訳する。パート1

.ムハンマド・アサドはレオポルド・ワイスとして19007月、当時オーストリア帝国領で現在はポーランド領であるリボフの街(ドイツ語でレンベルク)、に生まれました。彼は長く続くラビの系統の子孫でしたが、弁護士になった彼の父によりその系統は崩れ途絶えました。アサド自身、家系のラビの伝統を維持する資格を得るような教育を徹底的に受けました。

1922年ワイスは、エルサレムの叔父を短期訪問するつもりで、中東へ向けてヨーロッパを立ちました。その段階ではワイスも彼の多くの同世代の者たち同様、自分自身を不可知論者だとし、宗教的な勉強をする一方でユダヤ教の拠り所から離れていました。彼は中東においてアラブ人を知り、彼らに好意をもつようになりました。そしてイスラームがいかに彼らの生活において存在の意味、精神的な強さ、そして心の平安を植え付けているのかということに心を打たれました。

22歳の若さで、ワイスはドイツとヨーロッパにおいて最も権威ある新聞の一つであるフランクフルト・ツァイトゥングの特派員となりました。彼は  ジャーナリストとして広く旅し、庶民と交流し、ムスリムの知識人達との話し合いを持ち、またパレスチナ、エジプト、ヨルダン、シリア、イラク、イラン、アフガニスタンの党首らに会いました。

そして旅と読書を通して、その啓典、歴史、人々への理解が膨らんでいく中、ワイスのイスラームへの関心はより強まりました。好奇心がそう促したのでした。

ムハンマド・アサド、すなわちレオポルドワイスは、1900年にオーストリア領リバウ(後のポーランド)でまれ、 22歳初めて中東訪問しました.彼は後に、フランクフルト・ツァイトゥングの優秀な外国人特派員となり、イスラームへの改宗後、北アフリカから東はアフガニスタンにまでくまなく旅をし、イスラーム世界で仕事に勤しみました。そして 何年もの献身的な研究の後、.彼は我々の時代の主要なイスラーム学者の一人となりました。パキスタンの建国後、彼はイスラーム復興部門の指導者に任命され、西パンジャーブ、そして後に、国連におけるパキスタンの代理の代表となりました。ムハンマド・アサドの2冊の代表的著書は:「イスラームの岐路」と「メッカへの道」です。.彼はまた、聖クルアーンの英語翻訳と月刊誌アラファトも出版しました。

Let us now turn to Asad’s own words on his conversion: それでは、これから彼の改宗についてのアサド自身の言葉へと目を向けていきましょう。

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

同カテゴリからの他の記事

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version