L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

スンナとは何か(2/2):イスラーム法におけるスンナ

評価:
フォントサイズ:

説明: スンナを構成するもの、そしてイスラーム法におけるその役割とは何か?第2部:スンナとクルアーンの違い、またイスラーム法におけるスンナの立場。

  • より アブドッラフマーン・アル=ムアラー博士
  • 掲載日時 29 Mar 2010
  • 編集日時 29 Mar 2010
  • プリント数: 444
  • 観覧数: 12012 (日平均: 4)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

スンナとクルアーンの

クルアーンはイスラームの根幹にあたるものです。クルアーンとは、神によって天使ジブリール(ガブリエル)を仲介し、使徒(神の慈悲と祝福あれ)に啓示された奇跡の言葉です。その歴史的信頼性は非常に多くの真性な伝承経路により、疑いの余地のないものとなっています。クルアーンは一冊の本としてまとめられ、その朗誦は一つの崇拝行為と見なされます。

そしてスンナとは、神の使徒によってもたらされたクルアーン以外の全てのものを指します。スンナはクルアーンにおける諸法の詳細を説明するものです。またこれらの法を実践するための実例も提供します。それは神による直接の啓示、または啓示によって確証された、使徒の裁決含まれます。従ってスンナの源泉は、そのてが啓示であるということになります。

クルアーンは儀礼上、崇拝行為として朗誦されるものですが、一方のスンナは啓示ではあるものの朗誦されるものではありませんしかしスンナはクルアーンと同様に遵守されるべき啓示です。

クルアーンのスンナに対する優越性には二点あります。第一に、クルアーンは神の直接の言葉によって終始一貫しており、奇跡的性質のものであるということです。一方スンナは必ずしも神の直接の言葉ではありませんが、預言者による、それらの意味の注釈であるのです。

イスラームにおけるスンナの立場

使徒の存命中、クルアーンとスンナはイスラーム法における唯一の源泉でした。

クルアーンでは、一般的原則に基づいて確立された一部の訓令以外では、二次的な立法制度や煩瑣手順をることなく、法の基礎を成一般訓令をえます。これらの訓令は時代の経過と共に変わっていく性質のものでなく、状況の変化と共に人の手によって変えられていくものでもありません。またクルアーンの内容は信仰箇条、崇拝行為の規定、過去の諸国の逸話や倫理的指針を包含します。

そしてスンナはクルアーンに合意するものです。それは文体において明確でないものを説明し、概括的な表現の明確化を提供し、また何が概括的であるかを特定し、そして訓令と目的を説明します。またスンナは、クルアーンにはない訓令をもたらしますが、それらはクルアーンの原理に調和するものであり、クルアーンにおける目的の概要を提示します。

スンナとは、クルアーンの内容を実用的に表現するものです。この表現には多くの形があります。時には使徒による行為としての形をとり、また時には何らかの問題に対する解答としての供述という形をとります。そして時には彼が禁止も反対もしなかった、教友たちの誰かによる行為の形をとります。

スンナは様々な方法によってクルアーンの説明をしたり、その意味を明確にしたりします。それは崇拝行為の方法や、いかにしてクルアーンで言及されている法の遂行をするかを説明するのです。神は信仰者に対し礼拝の義務に言及しつつも、その回数や礼拝作法には言及していません。使徒は彼自身の礼拝の実践、そしてムスリムたちに礼拝の方法を直接教えることにより、それを明確にしたのです。彼はこのように言っています:“私が行うように礼拝をするのだ。

またはハッジ巡礼義務明らかにしましたがその詳細儀礼説明することはしませんでした神の使徒はこれに言及して述べました。

“私からハッジの儀礼を学ぶのだ。”

またはザカー(義務浄財)義務とされました、その対象となる財産や農産物種類に言及しませんでしたし。またザカーがその財産において課される最低額も述べていません。しかしスンナはそれらてを明確にしているのです。

スンナはクルアーンにおける概括的記述を明確化します。神は言われました:

“神は汝らの子女についてこのように命じられる。男児には、女児二人分と同額・・・”(クルアーン 4:11

この表現は概括的であり、全ての家族に適用され、子供全員その両親の相続者であるとします。スンナはこの裁定をに具体的にし、預言者の子孫はこの限りではないとします。神の使徒は言いました:

“我々預言者遺産をさない。我々が遺すものは、それが何であれ施しとして差し出される。

スンナはクルアーンによる記述をより一層明確にします。神は述べました:

“・・・そしてを見つけられない場合は、清浄な土触れ、汝らの顔両手をでるのだ・・・”(クルアーン 5:6

このでは撫でる手の範囲について述べられておらず、それが手首までなのか、あるいはまで含まれるのかという疑問をじさせます。しかしそれが手首までであることを明確にするのが、スンナなのです。それは神の使徒が、水のない状態での小浄においてそのようにしたからです。

またスンナはクルアーンにあるものの強調としてまたその中述べられているへの二次的立法としての役をたします。それには礼拝、ザカー、斎戒、そしてハッジ巡礼が義務であるということを示すてのハディースが含まれます。

スンナによるクルアーンの中の訓令に対する補足的な立法の提供例としては、果物がれ初める前にることを禁じるスンナが挙げられますこの法の根拠はクルアーンの記述に存在します:

“汝らの財産を、不正に汝らの間で浪費してはならない。だがお互いの善意による、商売上の場合は別である。”クルアーン 4:29

スンナにはクルアーンにおいて記述されていない裁定やクルアーンで記述されているものの、明確にされていない裁定がまれています。その例として、ロバと肉食獣の肉を食べることの禁止が挙げられます。また別の例としては、ある女性とその叔母を一緒に娶ることの禁止などもあります。スンナにより提供されるこれらの裁定は遵守されなければならないものです。

スンナ遵守の義務

預言者性信じるにあたっては、神の使徒発言をて真実であると信じることがめられます。神はかれの法を人類に伝えるため、かれのしもべのから諸使徒をお選びになったのです。神は述べられています:

“神何処で(誰に)かれの教えをえるかを、最もよく知っておられる”(クルアーン 6:124

また神はこうも仰いました:

“諸使徒(務めは、明白(啓示の)布教の他何があろうか”(クルアーン 16:35

使徒はその行為においてありとあらゆる間違いから保護されています。神は、彼が真実以外を話すことから保護されているのです。また神は、彼の四肢が正しい行為から外れたことを行うことからも保護されました。

または、がイスラーム法にするものを承認することのないよう、彼を護られました。彼は神の創造物のでも、最も理想的な存在なのです。これは神がクルアーンにおいて、いかに彼を描写するかを見れば明白です。

“沈みゆく星にかけて。汝らの同胞は、迷っているのではなく、また間違っているのでもない。また自分の望むことを言っているのでもない。それは彼に啓示された、啓示に他ならない。”クルアーン 53:1−4

たちはハディースから、いかなる状況下であっても、またいかなるみを用いようとも、預言者のる真実阻止できないことがかります。彼は怒っていても、そのこと彼の発言に影響することはありませんでした。彼は冗談を言うときでさえ、虚偽を語らなかったのですまた彼の個人的な関心事も、彼を真実の発言から阻むことはありませんでした。彼が求めた唯一の目的とは、神のご満悦を得ることのみだったのです。

教友アブドッラー・ブン・アムル・ブン・アルアースは、神使徒のること全てを書きめていたと伝承していますそのことに関し、クライシュ族はこう言って彼を阻止しようとしました:“彼は喜怒して話す単なる人間だと言うのに、お前は神の使徒の話すことてを書き留めるのか?”

アブドッラー・ブン・アムルはき留めるのを止めこのことを神の使徒に伝えると、彼はこのようにいました:

“書くのだ。私の魂がその手中にある御方にかけて、ここからは真実しか出て来ないのだ。”・・・そして彼は自分の口を指し示しました。

使徒への追従は義務であるという事実はクルアーンとスンナ、そして法学者たちの合意によって示されています。神はクルアーンにおいて述べられました:

“汝ら信仰者たちよ、神に従い、使徒と汝らの中の権能をもつ者に従え。汝らは何事についても異論があれば、神と終末の日を信じるのなら、これを神と使徒に委ねよ。”(クルアーン 4:59

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

同カテゴリからの他の記事

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version