L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

イスラームにおける司法制度(後半):その基本的法制度とイスラームの統治

評価:
フォントサイズ:

説明: 社会における公正を守るためにイスラームが築いた過程。その二:司法制度と基本的法制度、そして司法制度におけるイスラーム法の定義。

  • より アブドゥッラフマーン・アル=ムアラー博士の編集チーム
  • 掲載日時 17 Sep 2012
  • 編集日時 17 Sep 2012
  • プリント数: 65
  • 観覧数: 6276 (日平均: 2)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

司法制度と基本的法制度の定義

イスラームにおける司法制度は訴訟中の人々が、神の命令に沿った形で議論を解消していくことであり、この命令はクルアーンとスンナから導き出されています。

神の預言者たちは皆(彼らに神の賞賛あれ)、裁判官でした。神はこう言っています。

 “またダビデとソロモンだが,ある者の羊が夜間耕地に迷い込み,作物を荒したが,それに就いて裁判した時のことを思いなさい。われはかれらの裁判の立証者であった。われはそれをソロモンに理解させた。そしてそれぞれに判断力と英知を授け...”(クルアーン21章78〜79節)

神はまたこう言っています。

 “ダビデよ,われはあなたを地上の代理者にした。だから人びとを,真理によって裁き,私欲に従って,アッラーの道を踏みはずしてはならない。アッラーの道から迷う者は清算の日を忘れた者で,必ず厳しい懲罰にあう」”(クルアーン36章26節)

預言者ムハンマドは最後の、そして普遍的なメッセージと共に現れましたが、彼もまた、神の言葉を説き、人々をイスラームに導くように命じられたように、裁判官として人々の議論を解決するようにも命じられました。例えば、神はこのように言っています。

 “(ムハンマドよ、)それでアッラーが下されるものによって,かれらの間を裁け。あなたに与えられた真理に基づき,かれらの私慾に従ってはならない。われは,あなたがた各自のために,聖い戒律と公明な道とを定めた。”(クルアーン5章49節)

神はまたこう言いました。

 “…(ムハンマドよ、)またもし裁くならば,かれらの間を公平に裁決しなさい。アッラーは公平に行う者を愛でられる。”(クルアーン5章42節)

 “だがあなたがたの主に誓けてそうではないのである。かれらは信しないであろう。かれらの間の紛争に就いてあなた(ムハンマド)の裁定を仰ぎ,あなたの判決したことに,かれら自身不満を感じず,心から納得して信服するまでは。”(クルアーン4章65節)

このスンナもまたイスラームの司法制度の基本を示しています。これはアムル・ブン・アル=アースによって伝えられたもので、預言者はこう言っています。

 “もし裁判官が出来る限り最良の判断で裁決し、それが正しければ、彼は(神により)二倍の報酬を受け、もし裁判官が出来る限り最良の判断で裁決し、それが間違っていたとしても、彼は報酬を受けます。”(アフマド)

神の預言者はこう言いました。

 “次の二つの場合以外は、他人のようになりたいと願うべきではありません。一人目は神がその人に財産を与え、真実のためにその財を費やす者で、もう一人は神がその人に知恵を与え、それをもとに判決を下し、人々に教える者です。」(サヒーフブハーリー、サヒーフ•ムスリム)

多くの学者は、イスラームには司法制度が法的に必要であるということが全イスラーム教徒の合意だとしています。イブン•クダーマはこう言っています。

「人々のために司法制度が必要だということに、イスラーム教徒は全一致しています。

司法制度におけるイスラーム法の定義

司法学者たちは裁判官たちの仕事は社会的義務であるとしています。もしこの役割を果たす人々がいるのなら、全ての人々にとってそれで十分ですが、もし全ての人がそれを無視するのなら、社会の全員が罪を犯していることになります。

この仕事が義務である証拠はクルアーンにあります。

 “あなたがた信仰する者よ,証言にあたってアッラーのため公正を堅持しなさい。”(クルアーン4章135節)

司法は正しいことを勧め、悪を禁じる大まかな義務の一部なので、司法の仕事に従事するのは少数の人々で十分です。司法に従事している人がいる限り、全ての人々がやらなければいけないことではありません。

司法制度なしに人々に関する問題は正せません。よって司法が成立していることは軍を持つ事が義務であるように、必要なことなのです。偉大かつ著名なイスラーム学者であるイマーム・アフマドはこう言っています。

「司法制度が無ければ、人々はその権利を保護されないでしょう。

司法の義務は善を勧め、抑圧された人々を助け、人々の権利を守り、抑圧的行動を監視することです。司法の成立無しにはこれらのことは実現できません。

司法制度は国の発展と繁栄に不可欠です。人々の幸福を守り、抑圧された人々を守り、抑圧している人々を制御する必要があります。それは議論を解決し人間の人権を守る手段なのです。またそれは善を勧め悪を禁じ、モラルに反した行動を抑圧するのを助けます。これにより、社会の様々な面から公正な社会的秩序を守る事ができ、個人が、その生命、財産、名誉、そして自由を守ることができるのです。このような環境で国家は発展し、文明が発達し、人々は精神的にも物質的にも最良のものを追求できる自由が得られるのです。

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

同カテゴリからの他の記事

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version