The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

現代における諸問題61 記事

人権 6 記事

  • 説明:

    イスラームが提唱する人種間の平等性と、歴史におけるその例。第一部:ユダヤ・キリスト教における人種差別主義について。

    • より アブドッラフマ
    • 掲載日時 2014-09-29 00:00:00
    • 編集日時 2014-09-29 00:00:00
    • 観覧数: 3455 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームが提唱する人種間の平等性と、歴史におけるその例。第二部:預言者の時代における例。

    • より アブドッラフマーン・マハディwww.Quran.nu
    • 掲載日時 2014-09-29 00:00:00
    • 編集日時 2014-09-29 00:00:00
    • 観覧数: 3127 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームが提唱する人種間の平等性と、歴史におけるその例。第三部:ハッジ巡礼、そして今日のムスリムの中に見て取れる多様性について。

    • より アブドッラフマーン・マハディwww.Quran.nu
    • 掲載日時 2014-10-06 00:00:00
    • 編集日時 2014-10-06 00:46:16
    • 観覧数: 9816 (日平均: 10)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    人権における権力と政治。

    • より アーイシャ・ステイシー
    • 掲載日時 2013-04-29 00:00:00
    • 編集日時 2014-03-24 02:39:47
    • 観覧数: 6566 (日平均: 4)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    神こそが人権を与える御方なのです。

    • より アーイシャ・ステイシー
    • 掲載日時 2013-04-29 00:00:00
    • 編集日時 2013-04-29 00:00:00
    • 観覧数: 4866 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームはどのように現代の難しい問題を扱うか。

    • より アーイシャ・ステイシー
    • 掲載日時 2013-05-06 00:00:00
    • 編集日時 2013-05-06 00:00:00
    • 観覧数: 5641 (日平均: 4)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0

ジハードとテロリスト 2 記事

  • 説明:

    イスラームが全世界に対する慈悲であることを示す、その様々な原則の概観と、無差別な暴力とテロがイスラームによって黙認されているのではないということ。

    • より islam-guide.com
    • 掲載日時 2015-10-12 00:00:00
    • 編集日時 2017-05-08 03:32:16
    • 観覧数: 2053 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    「イスラームは剣によって強制的に広められた」という、一般的に信じこまれている俗説に対する論駁。

    • より アルジュムア・マガジン
    • 掲載日時 2014-12-29 00:00:00
    • 編集日時 2014-12-29 00:00:00
    • 観覧数: 2336 (日平均: 2)
    • 評価: 1 から 5
    • 評価者 3
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0

女性 26 記事

  • 説明:

    信仰心の現れとしての、配偶者同士の優しさについて。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2010-08-23 00:00:00
    • 編集日時 2010-08-28 00:00:00
    • 観覧数: 12266 (日平均: 5)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 3
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームと、ユダヤ・キリスト教の伝統におけるベールとその意味、またイスラームにおける女性観について。第一部:ユダヤ教・キリスト教・イスラームにおけるベールの概念とは。

    • より アブドッラフマーン・マハディ www.Quran.nu
    • 掲載日時 2014-10-13 00:00:00
    • 編集日時 2016-11-06 14:45:11
    • 観覧数: 7548 (日平均: 7)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 1
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームと、ユダヤ・キリスト教の伝統におけるベールとその意味、またイスラームにおける女性観について。第二部:性と教育、またユダヤ教・キリスト教・イスラームにおける原罪とは。

    • より アブドッラフマーン・マハディ
    • 掲載日時 2014-10-20 00:00:00
    • 編集日時 2014-10-21 10:54:54
    • 観覧数: 5528 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームと、ユダヤ・キリスト教の伝統におけるベールとその意味、またイスラームにおける女性観について。第三部:一部ムスリム国家における女性の地位、またなぜ「自由な」欧米女性が続々とイスラームに改宗しているのか、そしてイスラームが女性に与えた権利の概要。

    • より アブドッラフマーン・マハディ
    • 掲載日時 2014-10-27 00:00:00
    • 編集日時 2014-10-27 00:57:43
    • 観覧数: 5270 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームにおける一夫多妻の概念とはどういったものなのか。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2011-10-17 00:00:00
    • 編集日時 2011-10-17 00:00:00
    • 観覧数: 8044 (日平均: 4)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 2
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームがなぜ一夫多妻制を認めるのか、その理由のいくつかを取り上げます。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2011-04-11 00:00:00
    • 編集日時 2011-04-11 00:46:46
    • 観覧数: 30942 (日平均: 13)
    • 評価: 4 から 5
    • 評価者 1
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    一夫多妻制に対する偽善的、そして自民族中心主義的な西洋の姿勢について解説します。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2011-04-18 00:00:00
    • 編集日時 2011-04-18 00:00:00
    • 観覧数: 6111 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    一夫多妻制の歴史と、ユダヤ・キリスト教におけるその合法性について。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2010-10-04 00:00:00
    • 編集日時 2010-10-04 01:15:24
    • 観覧数: 13888 (日平均: 6)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 3
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームにおける一夫多妻と、現代社会における他の宗教のそれとの比較。前半:歴史上、そして現代欧米社会における一夫多妻。

    • より メリー・アリー
    • 掲載日時 2015-02-02 00:00:00
    • 編集日時 2015-02-02 00:38:30
    • 観覧数: 2868 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームの女性には市民権や社会権、政治的権利や経済的権利など様々な権利が与えられています。

    • より メアリー・アリーとアンジュム・アリー(IslamReligion.comによる編集)
    • 掲載日時 2010-04-05 00:00:00
    • 編集日時 2012-05-20 15:28:48
    • 観覧数: 11145 (日平均: 4)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 1
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームにおける夫と妻の役割。

    • より メアリー・アリーとアンジュム・アリー(IslamReligionによる編集)
    • 掲載日時 2010-04-05 00:00:00
    • 編集日時 2010-04-05 00:00:00
    • 観覧数: 8981 (日平均: 3)
    • 評価: 3 から 5
    • 評価者 1
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    女性の割礼の様々な種類、その地理的分布、そして様々な社会においてそれが行われてきた理由。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2011-07-04 00:00:00
    • 編集日時 2011-07-04 00:00:00
    • 観覧数: 114107 (日平均: 52)
    • 評価: 4.3 から 5
    • 評価者 3
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    女性のスンナ割礼、またはタイプ1割礼には、イスラーム的根拠があるのかどうか。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2011-07-11 00:00:00
    • 編集日時 2011-07-11 00:00:00
    • 観覧数: 24342 (日平均: 11)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 2
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    平等に接することと公正さとは、いつも同じ意味であるとは限りません。この記事では近代科学が発見した男女間の相違点、そしてそれがいかに近代生活の様々な分野において、2つの性の各々にそぐう公正さの形に反映されるのかという結果にスポットを当てていきます。

    • より アンサール・アル=アドゥル
    • 掲載日時 2010-05-24 00:00:00
    • 編集日時 2010-05-24 00:00:00
    • 観覧数: 8135 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    クルアーンにおいて言及されている、男女の精神的平等。そして人生の他の側面における、異性間の相違の概観。

    • より アンサール・アル=アドゥル
    • 掲載日時 2010-05-24 00:00:00
    • 編集日時 2010-05-24 00:00:00
    • 観覧数: 9667 (日平均: 4)
    • 評価: 4 から 5
    • 評価者 2
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    タリバンに拿捕され、アフガニスタンで牢獄生活を送ったイギリス人女性記者が、ヴェールについて、そしてイスラームにおける女性についての現状を、彼女の視点から伝えます。

    • より イヴォン・リドリー(ワシントン・ポスト紙)
    • 掲載日時 2010-07-05 00:00:00
    • 編集日時 2010-07-05 00:00:00
    • 観覧数: 5830 (日平均: 2)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    あるムスリム女性が、抑圧ではなく解放のためにヒジャーブをすることを選んだことに関して説明します。

    • より スルターナ・ユースフアリ
    • 掲載日時 2010-07-12 00:00:00
    • 編集日時 2010-07-12 00:00:00
    • 観覧数: 11204 (日平均: 4)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 9
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    ボードゲーム「スクループルズ」の発案者であり、「デートまでの長い道のり」の著者であるヘンリー・メイコウ博士が、ブルカとビキニに関する彼の視点を説明しています。

    • より ヘンリー・メイコウ博士(IslamReligion.com
    • 掲載日時 2012-01-02 00:00:00
    • 編集日時 2012-01-29 11:27:39
    • 観覧数: 5984 (日平均: 3)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 1
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    カナダのマギル大学で行われた、イスラームがいかに女性の地位を向上させたかについての講義の抄録。第一部:女性に関して西側世界とイスラーム世界の間に横たわる根本的相違に関する説明。またギリシャと初期キリスト教による女性観とはどういったものだったか。

    • より アリー・アッ=タミーミー
    • 掲載日時 2011-02-21 00:00:00
    • 編集日時 2015-08-02 22:37:10
    • 観覧数: 10026 (日平均: 4)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    カナダのマギル大学で行われた、イスラームがいかに女性の地位を向上させたかについての講義の抄録。第二部:過去の見解の反動として生じた、女性に対する現在の西洋的立場、そしてイスラーム世界における女性観。

    • より アリー・アッ=タミーミー
    • 掲載日時 2011-02-21 00:00:00
    • 編集日時 2011-02-21 00:00:00
    • 観覧数: 8063 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    カナダのマギル大学で行われた、イスラームがいかに女性の地位を向上させたかについての講義の抄録。第五部:イスラームがいかに女性の名誉を救ったかについて。

    • より アリー・アッ=タミーミー
    • 掲載日時 2011-02-28 00:00:00
    • 編集日時 2011-02-28 01:05:02
    • 観覧数: 7333 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    スーパー・ママになることとは!?

    • より アーイシャ・ステイシー
    • 掲載日時 2011-12-19 00:00:00
    • 編集日時 2013-11-03 23:31:09
    • 観覧数: 3375 (日平均: 2)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームはいかに女性を真に解放するのか。

    • より アーイシャ・ステイシー
    • 掲載日時 2010-08-16 00:00:00
    • 編集日時 2010-08-28 00:00:00
    • 観覧数: 6619 (日平均: 3)
    • 評価: 2.6 から 5
    • 評価者 5
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームにおける女性の位置づけと男女平等

    • より モスタファ・マレーカ
    • 掲載日時 2013-03-04 00:00:00
    • 編集日時 2013-03-04 00:00:00
    • 観覧数: 10943 (日平均: 7)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームにおける女性の社会的、法的、政治的側面

    • より モスタファ・マレーカ
    • 掲載日時 2013-03-11 00:00:00
    • 編集日時 2013-03-11 00:00:00
    • 観覧数: 5878 (日平均: 4)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    たとえ逆境にあろうとも、ムスリム女性は神に従うことを選びます。

    • より アーイシャ・ステイシー
    • 掲載日時 2014-05-05 00:00:00
    • 編集日時 2014-05-05 00:05:39
    • 観覧数: 43502 (日平均: 37)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 2
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0

イスラームとノンムスリム 16 記事

  • 説明:

    その生涯を通じて自身の使命に敵対し、殺害を企てた者にさえも示された、預言者の非ムスリムに対する慈悲。前半。

    • より M.アブドッサラーム (ゥ 2010 IslamReligion.com)
    • 掲載日時 2010-09-06 00:00:00
    • 編集日時 2017-06-11 06:12:29
    • 観覧数: 7640 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    その生涯を通じて自身の使命に敵対し、殺害を企てた者にさえも示された、預言者の非ムスリムに対する慈悲。後半。

    • より M.アブドッサラーム (© 2010 IslamReligion.com)
    • 掲載日時 2010-09-13 00:00:00
    • 編集日時 2010-09-13 00:00:00
    • 観覧数: 5847 (日平均: 2)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    非ムスリムの一般的権利を保証するイスラームの教義について。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-11-05 00:00:00
    • 編集日時 2017-01-15 20:27:55
    • 観覧数: 9651 (日平均: 6)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラーム国家における非ムスリム社会と、イスラームにおける非ムスリムの一般的権利について。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-11-05 00:00:00
    • 編集日時 2012-11-05 00:00:00
    • 観覧数: 9217 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    非ムスリムのための人としての尊厳を保つ権利、またその歴史的先例と原拠。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-11-12 00:00:00
    • 編集日時 2012-11-12 00:00:00
    • 観覧数: 8710 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    非ムスリムのための人としての尊厳を保つ権利、またその歴史的先例と原拠。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-11-12 00:00:00
    • 編集日時 2012-11-12 00:00:00
    • 観覧数: 8897 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームは他宗教の人々に信仰の自由を認めます。「宗教に強制はない」とするイスラームの原則についての歴史的分析。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-11-12 00:00:00
    • 編集日時 2012-11-12 00:00:00
    • 観覧数: 10075 (日平均: 6)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームは他宗教の人々に信仰の自由を認めます。「宗教に強制はない」とするイスラームの原則についての歴史的分析。第二部。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-11-19 00:00:00
    • 編集日時 2012-11-19 01:08:58
    • 観覧数: 9014 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    非ムスリムがイスラーム法の順守を強要されず、独自の法律に従うことの出来る権利。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-11-19 00:00:00
    • 編集日時 2012-11-18 13:51:54
    • 観覧数: 8994 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    非ムスリムに対するイスラーム的公正さ、そして公正を受ける権利の例。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-11-26 00:00:00
    • 編集日時 2012-11-25 12:33:20
    • 観覧数: 8650 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    非ムスリムに対するイスラーム的公正さ、そして公正を受ける権利のさらなる例。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-11-26 00:00:00
    • 編集日時 2012-11-25 12:33:20
    • 観覧数: 8561 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラーム法の下における、非ムスリムの生命・財産・名誉の保護。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-12-03 00:00:00
    • 編集日時 2012-12-03 01:28:57
    • 観覧数: 9065 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    非ムスリムが良い処遇を受けることは、礼儀上だけに留まらず、イスラームにおける権利です。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-12-03 00:00:00
    • 編集日時 2012-12-03 01:28:14
    • 観覧数: 8789 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    貧しく困窮している非ムスリムは、イスラーム法の下で社会保障を受ける権利を有します。歴史のなかで、非ムスリムが公的資金から受給していた例を見てみましょう。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-12-10 00:00:00
    • 編集日時 2012-12-10 00:00:00
    • 観覧数: 8645 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    ジズヤを支払うことによって非ムスリムが享受することの出来る、外部勢力の侵略からの保護という権利について。

    • より IslamReligion.com(サーリフ・アル=アーイド博士による執筆)
    • 掲載日時 2012-12-10 00:00:00
    • 編集日時 2012-12-10 00:00:00
    • 観覧数: 8751 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームは改宗を強制などしません。むしろそのようなことは、明らかな文面によって禁じられているのです。

    • より サーミー・アル=マジード
    • 掲載日時 2011-08-15 00:00:00
    • 編集日時 2011-08-15 00:00:00
    • 観覧数: 5288 (日平均: 2)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0

イスラームから派生した諸宗派 11 記事

  • 説明:

    バハーイー教はイスラームの範疇に含まれるのでしょうか?前半:バハーイー教の起源と歴史。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2011-11-28 00:00:00
    • 編集日時 2011-11-28 00:00:00
    • 観覧数: 6163 (日平均: 3)
    • 評価: 4 から 5
    • 評価者 1
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームの基本信条に反するバハーイー信条の概観、およびその根本的な矛盾点に関して。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2011-11-28 00:00:00
    • 編集日時 2011-11-28 00:00:00
    • 観覧数: 7251 (日平均: 4)
    • 評価: 4 から 5
    • 評価者 1
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームの信条、神への信仰といった諸事におけるシーア思想及びシーア信奉者の相違点を、いくつかの例を挙げてご紹介します。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2009-12-06 00:00:00
    • 編集日時 2010-10-21 03:10:50
    • 観覧数: 9192 (日平均: 3)
    • 評価: 3.7 から 5
    • 評価者 7
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    イスラームの信条、神への信仰といった問題におけるシーア思想およびシーア信奉者の相違点。第二部:信仰証言、過去の聖典、クルアーン、そして諸預言者に対しての彼らの相違点。そしてイマームの継承に基づいた宗教。

    • より IslamReligion.com
    • 掲載日時 2009-12-06 00:00:00
    • 編集日時 2010-10-21 03:10:50
    • 観覧数: 6493 (日平均: 2)
    • 評価: 3.7 から 5
    • 評価者 7
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    ルイス・ファラカンに対する英国への15年間の入国禁止が裁判所によって撤回されたことにより、いわゆる「ネーション・オブ・イスラーム」の存在が報道機関によって大々的に報道されました。「ムスリム」を自称する彼らを、マイケル・ヤングがイスラーム的観点から検証します。

    • より マイケル・ヤング
    • 掲載日時 2015-02-16 00:00:00
    • 編集日時 2015-02-16 00:00:00
    • 観覧数: 4719 (日平均: 5)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    NOIを去った著名人による発言。

    • より マイケル・ヤング
    • 掲載日時 2015-03-02 00:00:00
    • 編集日時 2015-03-02 00:00:00
    • 観覧数: 2977 (日平均: 3)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    スーフィズムのイスラーム的でない部分について。第一部では、スーフィズムの定義とその起源、また神、預言者ムハンマド、天国と地獄への信仰において、イスラーム的でない部分について検証していきます。

    • より アブドッラフマーン・ムラード(ゥ 2012 IslamReligion.
    • 掲載日時 2012-03-12 00:00:00
    • 編集日時 2012-03-12 00:00:00
    • 観覧数: 10065 (日平均: 5)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 2
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    スーフィズムの基本原理、「シャイフ」の役割、盟約、「ズィクル」、そしてスーフィズムにおけるクルアーン解釈は、どれを取っても元来のイスラームの教えには基づかないものです。

    • より アブドッラフマーン・ムラード(ゥ 2012 IslamReligion.
    • 掲載日時 2012-03-12 00:00:00
    • 編集日時 2012-03-18 11:24:56
    • 観覧数: 6606 (日平均: 3)
    • 評価: 5 から 5
    • 評価者 1
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    いかにアフマディーヤがイスラームの教えに相違・矛盾しているかの概観。第1部では、その起源について、またいかにイスラームの教えに反し、分裂したかについて述べられます。

    • より アブドッラフマーン・ムラード
    • 掲載日時 2015-08-10 00:00:00
    • 編集日時 2015-08-10 00:00:00
    • 観覧数: 3130 (日平均: 4)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    クルアーンによる神の啓示の最終性、預言者ムハンマド、そしてジハードについてのアフマディーヤによる原理的信条。

    • より アブドッラフマーン・ムラード
    • 掲載日時 2015-08-17 00:00:00
    • 編集日時 2015-08-17 00:00:00
    • 観覧数: 2755 (日平均: 4)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0
  • 説明:

    ミルザ・グラーム・アフマドによる冒涜行為の要約と、正統派ムスリムによるアフマディーヤへの姿勢を含む、アフマディーヤについての総括。

    • より アブドッラフマーン・ムラード
    • 掲載日時 2015-08-24 00:00:00
    • 編集日時 2015-08-24 00:00:00
    • 観覧数: 2826 (日平均: 4)
    • 評価: まだありません
    • 評価者 0
    • メール数: 0
    • コメント日時: 0

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version