イスラームという宗教  
 

 
 

このサイトを勧める
| More
 
今週の新記事
ジンの世界(前半)  (掲載日時20 Oct 2014)
説明: ジンの存在と能力についての簡潔な紹介。
抜粋: 歴史を通して、人類は超自然現象や不可視の世界について深く魅了されてきました。私たちの世界と平行して存在する世界は、いつも人々にとって魅力的でした。一般的にその世界は「精神世界」として言及され、殆どの全ての人々はその概念について一定の理解を持ちます。一部の人々にとって、それらの精神は死人の霊魂、または幽霊を意味します。また他者にとってそれらは善もしくは悪の「力」であり、人間へのより強い影響力を勝ち取るために戦っているのだとされています。しかしながら、それらの説明はおとぎ話や空想の世界の産物にすぎません。 (もっと 読む)
ベールの裏の真実:イスラームにおける女性の地位の真実(2/3)  (掲載日時20 Oct 2014)
説明: イスラームと、ユダヤ・キリスト教の伝統におけるベールとその意味、またイスラームにおける女性観について。第二部:性と教育、またユダヤ教・キリスト教・イスラームにおける原罪とは。
今週の特集記事
  • クルアーンの中のイエスとマリアの物語(その1):マリア  (掲載日時20 Feb 2012)
    説明: この3部の記事は、クルアーンの中に記述されているマリア(イエスの母)の生誕、幼少時代、性格、そしてイエスの奇跡的な生誕についてのものです
    抜粋: “本当に神は、アダムとノア、そしてアブラハム一族の者とイムラーン一族の者を、諸衆の上に御選びになられた。かれらは、一系の子々孫々である。神は全聴にして全知であられる。イムラーンの妻がこう(祈って)言った時を思え、「主よ、わたしは、この胎内に宿ったものを、あなたに奉仕のために捧げます。どうかわたしからそれを御受け入れ下さい。本当にあなたは全聴にして全知であられます。」それから出産の時になって、かの女は(祈って)言った。「主よ、わたしは女児を生みました。」神は、かの女が生んだ者を御存知であられる。男児は女児と同じではない。「わたしはかの女をマリアと名付けました。 (もっと 読む)
記事カテゴリ
論理的根拠  (10 記事)
神の存在  (10 記事)
社会への利益  (9 記事)
神について  (14 記事)
人生の目的  (11 記事)
来世  (25 記事)
天国  (2 記事)
地獄  (5 記事)
男性  (43 記事)
女性  (58 記事)
著名人  (21 記事)
比較宗教  (64 記事)
バイブル  (14 記事)
キリスト教  (1 記事)
聖母マリア  (8 記事)
ユダヤ教  (10 記事)
聖クルアーン  (24 記事)
彼の性格  (7 記事)
彼の伝記  (17 記事)
人権  (6 記事)
女性  (24 記事)
詳細  (6 記事)
家族  (7 記事)
政治  (3 記事)
経済  (10 記事)
司法  (4 記事)
法と罰  (5 記事)
健康と栄養  (13 記事)
環境  (11 記事)
   

ホームページ ホームページ

お問い合わせ お問い合わせ

EnglishEspañol
FrançaisDeutsch
РусскийPortuguês
中文日本語
Italian

  Live Help  
オンライン時間:
から へ 
(あなたのPC時間)

  このサイトについて
このサイトは、様々な信仰を持つ人々がイスラームとムスリムへの理解を深めることの出来るためのものです。 イスラームにおける多様な側面についての簡潔な記事が多く掲載されています。 新しい記事は毎週掲載されます。 また、チャット形式によるライブ・ヘルプも含まれています。

  ログイン  
ユーザー名
パスワード
記憶する
パスワードをお忘れですか?
アカウントをお持ちでないですか? どうして登録?

  最も人気  

  記事をリストする  

  あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。


  あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

履歴の記録機能をオフにする

 
   

       

 あなたの言語を選んでください 

Please choose your language

English Español
Français Deutsch
Русский Português
中文 x日本語