最も高い評価の記事

結果: 41 - 60 の 169
ディスプレー・ナンバー 

タルムードとその著者

評価:

説明:

ユダヤ教のタルムードとは、何なのでしょうか? タルムードにはいくつの改訂版があるのでしょうか? タルムードの著者とは? この記事ではユダヤ教、そして学究的観点から、それらの質問に答えます。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 18 Jun 2012
  • 編集日時 17 Jun 2012
  • 観覧数: 10643 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

病気に罹ったときの振る舞い方(下):神の慈悲は無制限であること

説明:

病気や怪我になったときに取るべき実践法。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 30 Dec 2013
  • 編集日時 30 Dec 2013
  • 観覧数: 8260 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

誠実と罪(後半):罪と良心

説明:

誠実であろうと努力し罪を避けることは、慣習的な儀礼を通して唯一の神を崇拝することだけではありません。それは自身のモラルとマナーはもちろんのこと、自意識を洗練させ、自らの心に問いかけることにまで及びます。後編:罪とは人の意識をとがめ、誠実な心が恥であると感じるようなことです。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 10 Sep 2012
  • 編集日時 10 Sep 2012
  • 観覧数: 7554 (日平均: 2)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ムハンマドの剣(前半)

説明:

ユダヤ人無神論者が、イスラームが剣によって広まったという概念について語ります。前半:皇帝と教皇。

  • 演説者: ウリ・アヴネリ
  • 掲載日時 10 Oct 2011
  • 編集日時 12 Oct 2020
  • 観覧数: 9981 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

アメリカの淫逸な女性観

評価:

説明:

ボードゲーム「スクループルズ」の発案者であり、「デートまでの長い道のり」の著者であるヘンリー・メイコウ博士が、ブルカとビキニに関する彼の視点を説明しています。

  • 演説者: ヘンリー・メイコウ博士(IslamReligion.com そして私たちがそこから得ることの出来る教訓。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー (ゥ 2012 IslamReligion.com)
  • 掲載日時 06 Feb 2012
  • 編集日時 06 Feb 2012
  • 観覧数: 16189 (日平均: 5)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ノアの物語(3/3):洪水

説明:

やがて方舟はとある場所に乗り上げ、そこに乗りこまなかった人々は絶滅の運命を辿りました。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー (© 2010 IslamReligion.com)
  • 掲載日時 15 Feb 2010
  • 編集日時 15 Feb 2010
  • 観覧数: 13235 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イエスの再臨(1/5)

説明:

イエスの再臨に関する、キリスト教徒とムスリム間の類似点と相違点とは? また、ユダヤ教における終末のメシアについて。

  • 演説者: ジェレミー・ボルター
  • 掲載日時 19 Mar 2012
  • 編集日時 06 Dec 2020
  • 観覧数: 18221 (日平均: 6)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

預言者からビザンチン皇帝への手紙(下):部下をイスラームへ招こうとするヘラクレイオス

説明:

ムハンマドを預言者と認め、配下の者たちをイスラームに招こうとするヘラクレイオスとその反応。手紙が家宝として残されたという伝説についての議論。

  • 演説者: Jeremy Boulter (ゥ 2012 IslamReligion.com)
  • 掲載日時 23 Apr 2012
  • 編集日時 23 Apr 2012
  • 観覧数: 10125 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ジャーメーン・ジャクソン(アメリカ)(パート1/2)

説明:

世界的に有名なスターである、マイケル・ジャクソンの兄がどのようにイスラームに帰依したかを語る(パート1)

  • 演説者: ジャーメーン・ジャクソン
  • 掲載日時 07 Dec 2009
  • 編集日時 07 Dec 2009
  • 観覧数: 11689 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イエスの再臨(3/5)

説明:

イエス再臨の状況、それに先駆ける試練と苦難、マハディーの出現、そしてマスィーフ・ダッジャール(偽メシア)と彼を倒すイエスの役割について。

  • 演説者: ジェレミー・ボルター(ゥ 2012 IslamReligion.com)
  • 掲載日時 21 May 2012
  • 編集日時 21 May 2012
  • 観覧数: 17072 (日平均: 5)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームにおける崇拝の精神(その1):崇拝と礼拝

説明:

崇拝の意味、そしてイスラームにおける礼拝の精神と目的。

  • 演説者: アブ−・アル=アラー"マウドゥーディ(IslamRelgion.com編集)
  • 掲載日時 04 Jun 2012
  • 編集日時 14 Oct 2013
  • 観覧数: 9744 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

慎み深さ(その2):慎み深さについての物語1

説明:

恥じらいなどの慎み深さの特徴と、それを自ら追求することから生じる上品な行動との関係を示す、預言者の言行録からの3つの物語。

  • 演説者: ウンム・サルマーン 
  • 掲載日時 19 Sep 2011
  • 編集日時 19 Sep 2011
  • 観覧数: 10364 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

慎み深さ(その3):慎み深さについての物語2

説明:

恥じらいなどの慎み深さの特徴と、それを自ら追求することから生じる上品な行動との関係を示す、預言者の言行録からの3つの物語。

  • 演説者: ウンム・サルマーン
  • 掲載日時 19 Sep 2011
  • 編集日時 19 Sep 2011
  • 観覧数: 9466 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

大いなる疑問(2/3):なぜ私たちはここにいるのか?

説明:

誰もが抱く二番目の“大いなる”疑問に対する、イスラームの回答。「なぜ私たちはここにいるのでしょうか?」

  • 演説者: ローレンス・B・ブラウン
  • 掲載日時 06 Dec 2009
  • 編集日時 21 Oct 2010
  • 観覧数: 11140 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

環境意識の創造(1/4):自然の性質

説明:

私たちが人と環境の関係を考えるとき、まずは人と神との関係を考えなければなりません。つまり、創造の要点と人の本質的な宗教についてです。

  • 演説者: アブドッラフマーン・マハディ
  • 掲載日時 23 Jul 2012
  • 編集日時 02 Jun 2014
  • 観覧数: 7652 (日平均: 2)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

祝福された家族の逸話(後半):預言者ヨハネ

説明:

預言者ヨハネの性格、使命、そして彼の家族であるイムラーン家による相互扶助について。

  • 演説者: アーイシャ・ステイスィー
  • 掲載日時 03 Sep 2012
  • 編集日時 10 Sep 2012
  • 観覧数: 7839 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

クルアーンは反ユダヤ主義なのか(前半):選ばれた民族、セム族(選民思想)

評価:

説明:

クルアーン、イスラーム、そしてムスリムが反ユダヤ主義だという主張の概観。前半:セム族という名称、そして神のユダヤ人への恩寵について。

  • 演説者: M.アブドッサラーム (ゥ 2011 IslamReligion.com)
  • 掲載日時 21 Nov 2011
  • 編集日時 22 Sep 2019
  • 観覧数: 11148 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

スーフィズム(後半)

説明:

スーフィズムの基本原理、「シャイフ」の役割、盟約、「ズィクル」、そしてスーフィズムにおけるクルアーン解釈は、どれを取っても元来のイスラームの教えには基づかないものです。

  • 演説者: アブドッラフマーン・ムラード(ゥ 2012 IslamReligion.
  • 掲載日時 12 Mar 2012
  • 編集日時 18 Mar 2012
  • 観覧数: 11823 (日平均: 4)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームにおける崇拝行為(2/3):外面的崇拝行為の形式

説明:

イスラームにおける外面的崇拝行為の形式とそれによる内面的崇拝行為の完遂、そして崇拝行為の意義と利益について。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 06 Dec 2009
  • 編集日時 12 Dec 2009
  • 観覧数: 9997 (日平均: 2)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0
結果: 41 - 60 の 169
ディスプレー・ナンバー 

観覧

毎日
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
合計
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version