最も高い評価の記事

結果: 141 - 160 の 171
ディスプレー・ナンバー 

天国の悦楽(1/2)

記事来世天国
評価:

説明:

天国と現世との根本的な違いに関する考察、その一:現世にあるような悲しみや痛み、苦悩をもたらすものの不在。

  • 演説者: M.アブドッサラーム (ゥ 2009 IslamReligion.com)
  • 掲載日時 21 Dec 2009
  • 編集日時 25 Jul 2022
  • 観覧数: 27875 (日平均: 6)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 2
  • メール数: 1
  • コメント日時: 0

イスラームにおける性的平等の概念(パート2/2):男女の実質的平等

評価:

説明:

クルアーンにおいて言及されている、男女の精神的平等。そして人生の他の側面における、異性間の相違の概観。

  • 演説者: アンサール・アル=アドゥル
  • 掲載日時 24 May 2010
  • 編集日時 24 May 2010
  • 観覧数: 18019 (日平均: 4)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 2
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

なぜイスラームは一夫多妻制を認めるのか

評価:

説明:

イスラームがなぜ一夫多妻制を認めるのか、その理由のいくつかを取り上げます。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 11 Apr 2011
  • 編集日時 11 Apr 2011
  • 観覧数: 58454 (日平均: 14)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

バハーイー教(後半):その教義

説明:

イスラームの基本信条に反するバハーイー信条の概観、およびその根本的な矛盾点に関して。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 28 Nov 2011
  • 編集日時 28 Nov 2011
  • 観覧数: 15281 (日平均: 4)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

バハーイー教(前半):その起源と歴史

説明:

バハーイー教はイスラームの範疇に含まれるのでしょうか?前半:バハーイー教の起源と歴史。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 28 Nov 2011
  • 編集日時 28 Nov 2011
  • 観覧数: 13327 (日平均: 3)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

政府の影響、そして司法(前半)

説明:

イスラームはどのように、法廷の決定において官僚の干渉を禁じるのか。

  • 演説者: Dr.アブドッラフマーン・アル=マウラー編集部
  • 掲載日時 03 Oct 2011
  • 編集日時 25 May 2015
  • 観覧数: 8400 (日平均: 2)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ラマダーンと断食(後編):夜の礼拝とその他の宗教行為

説明:

みいつの夜には、その翌年に起こる全てのことが全能なる神によって決められるので、ムスリムは神に心からの願い、祈ります。ラマダーンにおける崇拝行為には、モスクに籠ることや、貧しいものを助けることや、マッカを訪れることが含まれます。

  • 演説者: Dr. M. Amir Ali (edited by IslamReligion.com)
  • 掲載日時 06 Aug 2012
  • 編集日時 12 Aug 2012
  • 観覧数: 11171 (日平均: 3)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

経済と人生における利子の役割(4/7):禁令から正当化へ

説明:

なぜ利子という軽蔑に値する行いが正当化され、標準のものとして制度化されるに至ったのか。

  • 演説者: ジャマールッ=ディーン・ザラボゾ (ゥ 2011 IslamReligion.com)
  • 掲載日時 31 Oct 2011
  • 編集日時 31 Oct 2011
  • 観覧数: 16485 (日平均: 4)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

新約聖書

評価:

説明:

ユダヤ・キリスト教学者たちによる、新約聖書の保護と信頼性に関する主張の概観。

  • 演説者: ローレンス・B・ブラウン博士
  • 掲載日時 04 Oct 2010
  • 編集日時 13 Jan 2020
  • 観覧数: 11484 (日平均: 3)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームにおける正義

説明:

正義は、イスラームにおける一つの基本的目標であり、倫理的美徳でもあります。そして正義の基準は、クルアーンによって考察されるのです。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 14 Jun 2010
  • 編集日時 07 Aug 2011
  • 観覧数: 12960 (日平均: 3)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームにおける罪と罰(4/5):同害報復と任意懲罰

説明:

社会の犯罪に対し、イスラームが定めた規定の詳細について説明します。第四部:第二番目の懲罰の形式である同害報復と任意懲罰、それらの対象となる犯罪の種類、またその背後に隠された英知について。

  • 演説者: アブドッラフマーン・アル=ムアラー博士編集部
  • 掲載日時 22 Nov 2010
  • 編集日時 22 Nov 2010
  • 観覧数: 21429 (日平均: 5)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

神を見ることは可能か?

説明:

果たして使徒や聖人、あるいは一般人が現世において神を見ることは可能でしょうか?または神を来世において見ることは起こり得るのでしょうか?

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 10 May 2010
  • 編集日時 03 May 2020
  • 観覧数: 8002 (日平均: 2)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

内なる平和を求めて(4/4):神への従順により得られる内面的平和

説明:

真の内面的平和とは神に従うこと、すなわち人生をかれだけのために生きることと、かれを想起すること、そして現世ではなく来世を優先することにより見出されます。

  • 演説者: ビラール・フィリップス博士(アブー・ウスマーン氏録音の講義から転写)
  • 掲載日時 01 Feb 2010
  • 編集日時 06 Feb 2010
  • 観覧数: 13813 (日平均: 3)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

聖書の矛盾性を認めるキリスト教学者たち(7/7):教会の“神感”による改変

評価:

説明:

真実の隠蔽・改変における教会の役割とは。

  • 演説者: ミシュアル・ブン・ class=
  • 掲載日時 06 Jun 2011
  • 編集日時 06 Jun 2011
  • 観覧数: 25290 (日平均: 6)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームにおける家族(パート1/3):イスラーム的家族生活の魅力

評価: 編集者のおすすめ

説明:

様々な社会的地位の人々が、イスラームにおける家族生活に関する視点について語る。

  • 演説者: ベン・アダム(ゥ 2011 IslamReligion.com)
  • 掲載日時 03 Jan 2011
  • 編集日時 04 Dec 2022
  • 観覧数: 25507 (日平均: 6)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームの基本

説明:

信仰告白の最初の部分である“アッラー以外に信仰に値するものはない”(ラーイラーハ・イッラッラー)の詳細。

  • 演説者: M.アブドッサラーム(© 2009 IslamReligion.com)
  • 掲載日時 06 Dec 2009
  • 編集日時 21 Oct 2010
  • 観覧数: 16295 (日平均: 3)
  • 評価: 3.8 から 5
  • 評価者 4
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

シーア思想 ― シーア派とイスラーム(1/2)

説明:

イスラームの信条、神への信仰といった諸事におけるシーア思想及びシーア信奉者の相違点を、いくつかの例を挙げてご紹介します。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 06 Dec 2009
  • 編集日時 21 Oct 2010
  • 観覧数: 17229 (日平均: 4)
  • 評価: 3.7 から 5
  • 評価者 7
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

シーア思想 ― シーア派とイスラーム(2/2)

説明:

イスラームの信条、神への信仰といった問題におけるシーア思想およびシーア信奉者の相違点。第二部:信仰証言、過去の聖典、クルアーン、そして諸預言者に対しての彼らの相違点。そしてイマームの継承に基づいた宗教。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 06 Dec 2009
  • 編集日時 21 Oct 2010
  • 観覧数: 12747 (日平均: 3)
  • 評価: 3.7 から 5
  • 評価者 7
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

地球の大気

説明:

近代科学は、クルアーンによって1400年以上前に言及されていた大気に関する事実を発見します。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 01 Nov 2010
  • 編集日時 01 Nov 2010
  • 観覧数: 13683 (日平均: 3)
  • 評価: 3.7 から 5
  • 評価者 3
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラーム第五の柱:巡礼(ハッジ)

説明:

ムスリムが実践する第五番目の主要義務行為であるハッジの徳と、そこで行なわれる様々な儀礼について。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 06 Dec 2009
  • 編集日時 21 Oct 2010
  • 観覧数: 24375 (日平均: 5)
  • 評価: 3.7 から 5
  • 評価者 3
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0
結果: 141 - 160 の 171
ディスプレー・ナンバー 

観覧

毎日
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
合計
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)
(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version