日時順の記事

結果: 61 - 80 の 710
ディスプレー・ナンバー 
開始戻るページ:次に進む終了する

イスラーム改宗の利点(中)

説明:

なぜ遅延することなくイスラームに改宗すべきなのか。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 16 Mar 2015
  • 編集日時 16 Mar 2015
  • 観覧数: 14204 (日平均: 5)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラーム改宗の利点(上)

説明:

あなたの疑問にお答えします。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 16 Mar 2015
  • 編集日時 15 Jun 2020
  • 観覧数: 15241 (日平均: 6)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームにおける教養(中):知の探求

評価:

説明:

クルアーンにおいて啓示された最初の言葉から、教養と教育の伝統は始まったのです。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 09 Mar 2015
  • 編集日時 09 Mar 2015
  • 観覧数: 10036 (日平均: 4)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームにおける教養(下):全人への教育

評価:

説明:

イスラームの歴史初期における教育。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 09 Mar 2015
  • 編集日時 09 Mar 2015
  • 観覧数: 9145 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームにおける教養(上):バグダードの書物

評価:

説明:

戦争や占領をもってしても、バグダードの書物の遺産を消し去ることはできませんでした。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 02 Mar 2015
  • 編集日時 20 Nov 2017
  • 観覧数: 10406 (日平均: 4)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

「ネーション・オブ・イスラーム」の問題点(後半)

説明:

NOIを去った著名人による発言。

  • 演説者: マイケル・ヤング
  • 掲載日時 02 Mar 2015
  • 編集日時 02 Mar 2015
  • 観覧数: 7861 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ジェフリー・ラング 米国の数学教授/作家

説明:

准教授であり、イスラーム改宗後3冊の改宗記を書いた著者の逸話。

  • 演説者: アンマール・バッカール
  • 掲載日時 23 Feb 2015
  • 編集日時 24 Feb 2015
  • 観覧数: 4084 (日平均: 1)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ハニーファ・ビント・ステファン スウェーデン出身の元キリスト教徒

説明:

大学での多文化交流をもとに、ハニーファは心を開き、イスラームを発見します。

  • 演説者: ハニーファ・ビント・ステファン
  • 掲載日時 23 Feb 2015
  • 編集日時 24 Feb 2015
  • 観覧数: 4016 (日平均: 1)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ドナルド・S・ロックウェル大佐 米国出身の詩人/評論家

説明:

詩人、文学評論家、作者、ラジオ番組編集長、そして「Beyond the Brim(限界の先へ)」「Bazar of Dreams(夢のバザール)」の著者が、なぜイスラームに改宗したのかを語ります。

  • 演説者: ドナルド・S・ロッ
  • 掲載日時 17 Feb 2015
  • 編集日時 17 Feb 2015
  • 観覧数: 3760 (日平均: 1)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

「ネーション・オブ・イスラーム」の問題点(前半)

説明:

ルイス・ファラカンに対する英国への15年間の入国禁止が裁判所によって撤回されたことにより、いわゆる「ネーション・オブ・イスラーム」の存在が報道機関によって大々的に報道されました。「ムスリム」を自称する彼らを、マイケル・ヤングがイスラーム的観点から検証します。

  • 演説者: マイケル・ヤング
  • 掲載日時 16 Feb 2015
  • 編集日時 16 Feb 2015
  • 観覧数: 12206 (日平均: 4)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

三位一体論を発明したのは誰なのか(前半)

評価:

説明:

キリスト教の教義に三位一体論が導入された経緯について。

  • 演説者: アーイシャ・ブラウン
  • 掲載日時 09 Feb 2015
  • 編集日時 20 Jan 2020
  • 観覧数: 15672 (日平均: 6)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

一夫多妻は誰が実践するのか(後半)

評価:

説明:

イスラームにおける一夫多妻と、現代社会における他の宗教のそれとの比較。後半:イスラームにおける一夫多妻。

  • 演説者: メリー・アリー
  • 掲載日時 09 Feb 2015
  • 編集日時 09 Feb 2015
  • 観覧数: 8283 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

なぜムスリムはラマダーンを愛してやまないのか

説明:

ムスリムがいかにラマダーン月を過ごすかについて。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 02 Feb 2015
  • 編集日時 20 Mar 2022
  • 観覧数: 5115 (日平均: 2)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

一夫多妻は誰が実践するのか(前半)

評価:

説明:

イスラームにおける一夫多妻と、現代社会における他の宗教のそれとの比較。前半:歴史上、そして現代欧米社会における一夫多妻。

  • 演説者: メリー・アリー
  • 掲載日時 02 Feb 2015
  • 編集日時 02 Feb 2015
  • 観覧数: 8574 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

労働と富

説明:

イスラーム的な経済の枠組みにおける労働、そしてそれに対する欧米の理解を比較します。また、富の取得と消費についても論じます。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 26 Jan 2015
  • 編集日時 05 Sep 2021
  • 観覧数: 7688 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

サラ・ボッカー 米国出身の元女優/モデル

説明:

元女優/モデル/フィットネス講師/活動家だったサラ・ボッカーが、いかにマイアミの魅惑的なライフスタイルを捨ててイスラームに改宗し、イスラーム的な女性の服装を通して真の自由を発見したかについて。

  • 演説者: サラ・ボッカー
  • 掲載日時 26 Jan 2015
  • 編集日時 26 Jan 2015
  • 観覧数: 4221 (日平均: 2)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

宗教の神秘・入門編――十字架へのはりつけ

評価:

説明:

謎めいたイエス・キリストの十字架へのはりつけに関する根拠と証拠を分析します。

  • 演説者: ローレンス・ブラウン
  • 掲載日時 19 Jan 2015
  • 編集日時 25 Jul 2021
  • 観覧数: 6780 (日平均: 2)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ピーター・サンダース 英国の写真家

説明:

特別な旅がいかに彼の人生を変え、彼がムスリムになったかについて。

  • 演説者: ピーター・サンダース
  • 掲載日時 19 Jan 2015
  • 編集日時 19 Jan 2015
  • 観覧数: 4645 (日平均: 2)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

なぜ神は人類を創造したのか(4/4):創造の目的に背くこと

説明:

人類が創造された目的とは、神を崇拝することです。第4部:自らが創造された目的に背くということは、人間が犯し得る最も重大な罪です。

  • 演説者: Dr. ビラール・フィリップス
  • 掲載日時 12 Jan 2015
  • 編集日時 11 Jan 2015
  • 観覧数: 9569 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

なぜ神は人類を創造したのか(3/4):崇拝の人生

説明:

人類が創造された目的とは、神を崇拝することです。第3部:イスラームのシステムにおいて、人間の行為の一つ一つは崇拝行為へと転換させることが出来ます。

  • 演説者: Dr. ビラール・フィリップス
  • 掲載日時 12 Jan 2015
  • 編集日時 11 Jan 2015
  • 観覧数: 9098 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0
結果: 61 - 80 の 710
ディスプレー・ナンバー 
開始戻るページ:次に進む終了する

観覧

毎日
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
合計
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)
(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version