The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

イスラームにおける性的平等の概念(パート1/2):生理学

評価:
フォントサイズ:

説明: 平等に接することと公正さとは、いつも同じ意味であるとは限りません。この記事では近代科学が発見した男女間の相違点、そしてそれがいかに近代生活の様々な分野において、2つの性の各々にそぐう公正さの形に反映されるのかという結果にスポットを当てていきます。

  • より アンサール・アル=アドゥル
  • 掲載日時 24 May 2010
  • 編集日時 24 May 2010
  • プリント数: 402
  • 観覧数: 11084 (日平均: 3)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

平等性概念とそれがいかにイスラームにおける男性と女性に関連付けられているのかということを議論するに、私たちは重要な区別をしなければなりません。平等について話す多くの人々は、そのことが両集団を全く様に扱うことで反映されなければならない、と考えています。しかしこれは明らかに、必ずしも適切な行為ではありません。ごく少数の人々にしか相応しくないような一つの基準に彼ら全員を従属させるのではなく、人々のニーズ、強さ、能力と障害に関して融通を利かせて捉え、考慮しなければなりません。

このように、私たちは表面的かつ手続き上の平等と、実質的な平等つまり正義‐の区別をする必要があります。多くの社会は、重要なことは表面的かつ手続き上の平等に的を絞ることではなく、全市民に実質的な平等を提供することであると認めています。そして、それは彼らのニーズと状況に応じて、彼らを公正に扱うことなのです。人間は、実質的な平等が公正さを導くと見なしているゆえに、毎日の実質的な平等を手続き上の平等よりも好みます。私たちは、私たちの仕事場、学校や商業地域において、障害をもった人々を受け入れます。また私たちは、裕福な者が課税の対象となる一方で、社会における貧困者が社会福祉的配慮を受ける必要があることを認めています。私たちは、その人生において感情的・精神的・身体的困難を感じている人々に、特別な配慮と考慮を施します。そしてこれらの全ては、実質的な平等、公正と正義なのです。

男性と女性

男性と女性に関しては、誰しもが彼らの間に議論の余地のない固有の相違点があると認めています。彼らは同一ではありません。男性と女性は、様々な点で自然に異なるのです。それゆえ、それらの違いをおろそかにし、彼らが互いに同様ではない問題において単一基準を主唱することは、論理的なことではありません。それは手続き上の平等ではあるかもしれませんが、実質的な平等ではないのです。例えば妻が妊娠している時、その夫が彼女に対して、彼と同じくらい一生懸命働くように提案することは、正義ではありません。むしろ彼女の妊娠における負担と、夫がそれに応じて物事を調整することの必要性を認識することによって、正義が行使されるのです。男女間には、明らかな生物学的相違点があります。男性は月経も出産も経験しませんし、女性は一般に男性より長生きし、男性に比して老年期の健康問題が少ない傾向にあります。AARP会報は、男性と女性の8つの健康的相違点に関する記事を発表しました:[1]

健康に関し、男女間の相違は、年度検査と必要な処置を得ることに対する彼らの態度のみに留まらず、非常に広範です。男性が医者の予約を取るにあたって23の理由を必要とする場合に備えて、以下の事柄を考慮しなければなりません

·        アメリカ合衆国における男性の平均寿命は74.4歳であり、女性の平均寿命である79.8歳よりも5年短い。

·        癌による死は、男性の方が多い。

·        65歳以前に心臓病によって死に至るケースの70%は、男性である。

·        睡眠中に一旦呼吸が停止しては再開する、という危険な障害の可能性がある睡眠中の無呼吸症は、女性よりも男性に多く見られる。

·        自殺死する男性は、女性に比して4倍もの数に上る。尚自殺は、男性の死因の第8番目に位置づけられる。

·        男性は40歳以降、女性に比して冠状動脈性心臓病になる確率が50%も高い。

·        感染に対して抵抗するT細胞は、女性よりも男性の方が少ない。

·        100歳に達する女性は、男性に比べて8倍も多い。

オリンピックでは、男性と女性は生理的違いのため、別に競争します。18歳の時、平均的女性の身長は64.4インチ(約164cm)、体重は126.6ポンド(約57.5kg)ですが、平均的男性の身長は70.2インチ(約178cm)、体重は144.8ポンド(約66kg)あります。体重に比した全身の筋肉量において、男性は女性よりも50%勝ります。また平均的女性の心臓は、平均的男性のそれより25%小さいです。そして女性は、男性よりおよそ10%多くの脂肪を有します。[2]

一方学問の分野においては、女性は言語や人文科学といった科目において、男性よりも一般に高い得点を獲得します。そして数学と科学においては、その逆の現象が観察されます。いずれの性にも、独特の強みと能力があるのです。男性と女性の精神的な違いに関して、「男性と女性は本当に違った風に考える(Men and Women Really Do Think Differently)」という表題をつけられたある記事には、以下に示す最近の神経学的調査が引用されています:

カリフォルニア大学アーヴィン校の心理学教授リチャード・ハイエル氏は、ニューメキシコ大学からの同僚との共同研究を行い、以下のような調査結果を報告しました:男性は、一般的な知性と関連している灰白質に関し、一般に女性のほぼ6.5倍の量を有しています。しかし一方で、女性は知性と関連のある白質に関しては、男性よりもほぼ10倍の量を有しています。灰白質は人間の脳において情報処理センターの役割を担いますが、白質はこれらの処理センターをネットワーク化する役割を果たしているのです。

ニューメキシコ大学の神経心理学者である共著者のレックス・ユングは、こう言っています:「この研究から導かれた結果は、男性と女性がなぜ異なる種類の仕事において優れているかを説明してくれるかもしれません。ユングは言います:「例えば男性は、数学などの、より局所化された処理が要求される仕事により秀でる傾向があります。一方女性は、その脳に広く分布する灰白質層(言語技術などを促進します)から情報を集積し、融合することをより得意としているのです。」[3]

また「今日の心理学(Psychology Today)」に掲載された別の記事は、男女間の相違を「不可避なるもの」と形容しています:

言語そして運動技能寄与するの運動関してえば、男性比して女性の脳方が非常に集中的組織化されているようですこれは、一般的に女児の方が早期に喋り出し、より明晰に話し、かつ手を用いた運動技能においてより優れた能力を有している、という事実に関連していると言えるでしょう。また女性における右利きの割合は、男性に比べて明確に大きなものです。男性と女性は、全体的な語彙能力において異なるわけではありませんが、言葉の定義など特定のより抽象的な仕事に関しては、女性の脳は男性のそれより拡散的に組織化されているのです

…カリフォルニア大学バークレー校の神経心理学者マリアン・ダイアモンドは、雌雄のネズミの脳皮質の厚さを比較し、女性ではある年齢においてのみ左脳皮質が厚くなる一方、男性では大方の年齢において右脳皮質が厚いことを発見しました1984年11月号の「今日の心理学Psychology Today)」内、「脳による情事A Love Affair with the brain」をご覧下さい)。男性と女性が遺伝的・生理的に、そして心理的に多くの重要なにおいて相違することは、避けられない事実であるようです。[4]

現代の心理学的研究は、行動パターンにおいて最も明白なものから、群衆の中の怒った顔を見つけるなどといったものと同じくらい些細なものまで、男性と女性の違いを明らかにし続けています。2つの性のそのように明らかな相違を考慮してみれば、男性と女性が同一の役割を引き受けることは不適切でしょう。ニューヨーク・タイムズ紙の女性の健康に関する記事の中で、以下のような言及がありました:

男性が出来ることは女性にだって出来る、というフェミニスト的前提と対照的に、科学はある種のことに限って言えば、女性の方がよりよくこなすことが出来ることを証明しています。そしてまた、女性には男性に勝る多くの生物学的、及び認識力的利点が備わっていることも証明しているのです。しかしその反面、女性が男性と同様に出来ないことも存在します。[5]

神は私たちを相異なる形に、しかし力や能力においては互いに補足し合うように創造されました。成功するにあたり、男性が女性を不必要とすることも、またその逆もないのです。



Footnotes:

[1] 「男女間の8つの健康的相違(8 Health Differences Between Men and Women)」Gaby Gollub著(http://www.aarp.org/bulletin/yourhealth/Articles/a2004-02-17-8diff.html)。

[2] Performance Moderator Functions for Human Behavior Modeling in Military Simulations (ADDENDUM) Adrenaline – Khat – Exertion, Chang Y Chung, Dr. Barry G. Silverman, Jason Cornwell. (http://64.233.167.104/search?q=cache:OYtYvD7FS3QJ:www.seas.upenn.edu/%7Ebarryg/PMF_Addendum1.doc)

[3] 「男女は本当に違った風に考えるMen and Women Really Do Think Differently)」Bjorn Carey著、LiveScience (http://www.livescience.com/humanbiology/050120_brain_sex.html)

[4] 「男性の脳、女性の脳:秘められた相違(Male Brain, Female Brain: The Hidden Difference)」Psychology Today Nov, 1985

[5]「ニューヨーク・タイムズ」 (http://www.nytimes.com/specials/women/nyt98/21saga.html)

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

同カテゴリからの他の記事

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version