O artigo / vídeo que você requisitou não existe ainda.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

O artigo / vídeo que você requisitou não existe ainda.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

バハーイー教(前半):その起源と歴史

評価:   
フォントサイズ:

説明: バハーイー教はイスラームの範疇に含まれるのでしょうか?前半:バハーイー教の起源と歴史。

  • より IslamReligion.com
  • 掲載日時 28 Nov 2011
  • 編集日時 28 Nov 2011
  • プリント数: 117
  • 観覧数: 9128 (日平均: 3)
  • 評価: 4 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

人類の平和と統一といった捉え所のないキャッチフレーズを掲げながらも、多くの西洋人の注目を浴びる集団の一つに、イスラームとのつながりを主張するバハーイー教があります。実際には、クルアーンとスンナの教えに反する数々の教義から、それはイスラームの範疇を外れた分派であると見なされています。彼らの根本教義を分析し、それを明らかにしていきましょう。

起源

バハーイー教は、千年王国説を信奉するバーブ教が発展したものです。双方ともイランが発祥の地であり、当時は1844年にシーア派の12代目イマームの失踪1000周年を迎え、至福千年の期待が非常に高まっていた時代でした。それゆえ、彼らは現在のシーア派の最大の宗派であり、イランが国教として採択している12イマーム派から派生したものであるとされます。この宗派はバーブ(扉)と呼ばれるサイイド・アリー・ムハンマド・シラーズィー(1819−1850)によって創立されました。彼がこの呼称で呼ばれるのは、追従者達によって彼は「幽隠中のイマームへと続く扉」であると見なされたからです。しかしながら、彼は後にイスラーム法の終焉と、新たな諸預言者と伝統をもたらす「神の扉」であり、幽隠中のイマームその人である1と見なされるようになりました。

シラーズィーは、その過激な追従者たちによって組織された暴動と、それに対する権力側の弾圧によって1845年に逮捕され、1850年に処刑されました。彼は生前、やがて救世主が現れ、その人物は「神によって顕在される者」と呼ばれることを予言しました。シラーズィーの追従者の一人に、弾圧中に追放されたミルザ・フサイン・アリー・ヌーリーがおり、彼は1864年に自らをシラーズィーによって予言された預言者であると宣言しました。バーブたちは弾圧の中、その大半が殺害されたか、(後にバハーイーとして知られるようになる)ヌーリーに追従し始めたか、もしくはその他の宗教に改宗しました。バーブとして留まった者たちは、当時の指導者スブヒ・アザルと、彼らの聖典バヤーン(「告示」)に従いました。今日ではおよそ数百人のアザル派が残っており、イラン各地に点在しています。このミルザ・フサイン・アリー・ヌーリーの信奉者らが、彼らの宗教を後にバハーイー教と呼ばれるものに発展させたのです。

歴史

ミルザ・フサイン・アリー・ヌーリーは、少年時代にバーブの教えに帰依しました。彼は1852年に、バーブたちによるシャー・ナスルッディーン殺害の策謀に対する弾圧の第一波として、テヘラン刑務所に収監されました。1853年の1月、釈放にあたって彼はバグダッドへと移り、そこでのバーブ・コミュニティにおける事実上の指導者となりました。1863年、彼は自らがバーブにより予言された救世主であると宣言しました。彼は影響力を持ったため、オスマン帝国の権力者たちは彼をバグダッドからイスタンブールへ、さらにそこからエディルネへと移転させました。彼の信奉者たちはバハーイーとして知られるようになり、彼を否定した者たちはバーブとして留まりました。1868年に、ヌーリーとその多くの信奉者たちはパレスチナのアッコへ追放され、そこの要塞で9年間収監されました。釈放後間もなく、彼は現在イスラエル領のハイファ近郊のバージーへと移り住み、1892年に没するまでそこに留まりました。

バハーウッラーの死に際し、彼の長男であるアッバース・エフェンディ(1844−1921)が主導権を握り、アブドル=バハー(神の栄光のしもべ)という称号を得ました。オスマン・トルコ帝国による一時の収監期間後、彼は三度の宣教の旅に出ました。まずエジプト(1910)、次にヨーロッパ(1911)、そしてアメリカとヨーロッパ(1912−1913)でした。彼は大衆を前に説法し、これらの地域でのバハーイー教の定着を目指し、彼の父の教えを体系化させました。アッバース・エフェンディの地位は、孫のショーギ・エフェンディに引き継がれ、彼はヨーロッパと北アメリカにおけるバハーイー教コミュニティの確立にその労力を注ぎ込みました。彼の統率により、バハーイー教コミュニティは地方・全国レベルの行政会によって組織されるようになりました。1957年の死去の際、彼は後継者を指定しなかったため、Council of the Hands of the Cause(「原因の手の委員会」)と呼ばれる共同体機関が設立されました。1962年、「万国正義院」が世界本部としてハイファに設立されました。この機関は5年ごとに再選挙を行ないます。現在、世界中の多くの国々にバハーイー教のコミュニティが形成されており、合計でおよそ300万人から400万人のバハーイー教徒がいると推測されています。最も大きなバハーイー教コミュニティはインドにあり、そこに100万人の信徒が生活しています。イランでは、およそ30万人のバハーイー教徒が、最も大きなマイノリティ・グループとして存続を続けています。

象徴

バハーイー教徒は、神の最も偉大な名前はバハー(栄光)であると信じます。これは、信者同士によるお互いの呼び名としても使われ、指輪や掛物などにもよく見られます。第二の表現法である、ヤー・バハーウル=アブハー(最も栄光在りし者ゆえの栄光者よ)は、書体によって表されます。また数字の9は、神秘的な属性を持つと見なされており、時に装飾品のモチーフとしても使用されます。バハーイー教徒の崇拝の場は、アラビア語でマシュリク・アル=アズカール(神の御名の唱念が日の出と共に出ずる場所)と呼ばれます。マシュリクは9つの側面を持つ建物で、数字の9の神秘的な属性を表します。



Footnotes:

1  (http://philtar.ucsm.ac.uk/encyclopedia/islam/shia/babi.html)

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

同カテゴリからの他の記事

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version