Статьи / видео вы запросили еще не существует.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

O artigo / vídeo que você requisitou não existe ainda.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

Статьи / видео вы запросили еще не существует.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

O artigo / vídeo que você requisitou não existe ainda.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

モリー・カールソン 米国出身の元キリスト教徒(上)

評価:
フォントサイズ:

説明: 彼女の求めていたものは、既に彼女の中の大きな一部でした。それはイスラームだったのです。

  • より モリー・カールソン
  • 掲載日時 06 Apr 2015
  • 編集日時 06 Apr 2015
  • プリント数: 18
  • 観覧数: 4373 (日平均: 2)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

それは非常によく覚えています。私の人生が変わったその瞬間です。「もしムスリムになったら」とはもう考えてはいないことに気付き、ある時期から「いつムスリムになろうか」と思い始めていました。それは既に選択肢ではなくなっていました。それは必然だったのです。

そう実感したときは、まるで冷水を浴びせられたかのようでした。それは、外出先で家に何かを忘れてきてしまったことに気付いたとき、ハッと息が止まってしまう瞬間のようでした。

その瞬間、私は自分がそうありたいと願っていたアメリカ人女性ではもうなくなっていること、そしてそれはもうずっと前から続いていたことに気付きました。雪の上に反射していた太陽、私の前に続いていた道路、そして自分がどこに向かって運転していたのかを一瞬忘れてしまったことを思い出しました。私は怖れており、それは明白かつ疑いようのない恐怖でした。

その実感と自己の転換は、十数年前から来るべきものでした。人々が――宗教が――私たちがムスリムなのは神の御意によるものだと言うとき、私はそれを疑いませんでした。しかし、確信はあったものの、当時はそれが具体的には何なのかまだ分かりませんでした。

ただ、私は自分がそうではないことは何かを知っていました。私はいかに多くのアベマリアの祈りを捧げても、十字架を身に付けても、あるいは母が連れて行った教会の集会礼拝に出席しても、カトリック教徒ではありませんでした。私を悩ませた疑問については勉強し、祈り、最終的な結論について探索しましたが、それと同時に心の中の私は苦しみに喘いでいました。

私の人生には連続的な出来事や逸話、個人的な記憶、そしてそれを見ている間は全く不可解だった夢などがありますが、今現在知っていることと照らし合わせると、それらは腑に落ちることばかりなのです。

私にとっての最初のイスラームとの出会いは、マーガライト・ヘンリー著の「名馬風の王」という本の形をとりました。それはモロッコ人少年と彼の子馬との童話です。私は幼い頃から熱烈な読書家でした。

それを読んでいた当時、自分が何歳だったかは思い出せませんが、少年がラマダーン月に断食していた場面は鮮明に覚えています。私はこれが、真の自己の覚醒であると個人的には思っていますが、その後数年間に渡りイスラームとの出会いがなかったことから、それは失われてしまっていました。

それを読んだときの年齢が8歳だったと仮定すれば、数年後の12歳の頃、私は全く意味のわからない連続的な夢に悩まされました。それらは怖い夢ではなく、どちらかと言えば私が心の中で憧憬していたことについての潜在意識の反映でした。

一番良く覚えているものとしては、一方向にカーペットの敷かれた完全に正方形な木質床材の部屋に立っているものです。そこには部屋を照らすための灯火がかけられていました。

私の左側には彫刻のされた木製の仕切りがあり、その後ろには別の部屋がありましたが、夢の中では女性が使っていた部屋ということは分かっていました。また、私が立っていた部屋は私のような女性が入ってはならない部屋だということも分かっていました。

私は男性部屋である、その禁じられた部屋に居ただけでなく、私の頭は覆われていませんでした。

12歳のキリスト教徒の女の子として、私は男女別の部屋という概念、そして頭を覆う概念というのは文字通り見たことも聞いたこともないものでした。しかしその夢の中では、何が間違っているか、そして何をすべきなのかが分かっていたものの、それがどうしてなのかは全然分かりませんでした。

その部屋に立つ私への慈悲深い神の愛情と心遣いを感じましたが、同時に私は創造主であるかれを失望させたと感じました。その部屋の彫刻を今でも書けるほどはっきり覚えているものの、その夢において最も鮮明だったものは恥じらいと悲しみの感情でした。私はそれらをとても良く覚えています。

私が古風のドレスを着ていたことも覚えています。夢の中でそこには入らなかったものの、女性用の部屋がどのように見えたかも覚えています。私がヒジャーブを着けることに強い意義を感じるのはこの夢のためだと思っています。私が神がその10年後、私が行うべきことの準備をさせてくれていたのだと感じています。

他にも、スンナの顎鬚を一瞬目にするという、当時全く意味を解せない夢を見たりもしました。その数十年後、おそらく私が改宗してから5ヶ月くらいが過ぎた頃、最後の夢が訪れたのです。それは予期せぬ光景だったため、夢とはあまり言えないものでした。

それは丁度、改宗について冗談を言っていたムスリムの知り合いとの電話を切ったときでした。私はイスラームに敬意を持ってはいたものの、それを信じてはおらず、その否定のために克己奮闘していました。私は自己の否定をとても恐れていました。しかし、神は異なることをお考えだったのです。

電話を切ってしばらく経ち、ベッドに横たわって目を閉じると瞬時に異なる次元に移動しました。私の前には頭から爪先まで黒装束で覆われた女性が立っており、顔はまるで忍者のマスクのようなものを着けていました。それは彼女の顔の下半分を覆うベールでしたが、上の部分とは鼻と両目の間を通る細い糸でつながっていました。

私は心を奪われると同時に、ひどく恐怖しました。私は近づいてよく見ようとしましたが、その瞬間、ベールの人物が私自身であり、あたかも自分自身を鏡で見ているかのように、私に対して「それ見たことか」といった眼差しを向けていたのです。

私は恐怖に後ずさりし、ベッドから飛び起き、持っていた受話器を投げ飛ばしてしまいました。私は怯え、衝撃を受け、私の中のごく小さな部分は、それがそれまでの日常の終わりであることを理解していました。そのとき、私は自分の未来の姿を垣間見たことに気付いたのです。

 

 

モリー・カールソン 米国出身の元キリスト教徒(下)

評価:
フォントサイズ:

説明: 彼女は最終的に、イスラームがずっと前から自分自身の一部であったと感じるようになります。

  • より モリー・カールソン
  • 掲載日時 13 Apr 2015
  • 編集日時 13 Apr 2015
  • プリント数: 19
  • 観覧数: 4325 (日平均: 2)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

私がイスラームについて調べ始めたのは、2001年の9・11事件直後でした。当時は大学に入学したてで、18歳でした。

それ以前、サウジアラビア出身の女性と一緒に働いたことがあります。また顔をベールで覆い隠したパキスタン人少女の家庭教師をしたこともありますし、パレスチナ人男性の友人もいました。程度の差はあれ、信仰に関係なくすべてのムスリムに愛着を抱いていました。

私が家庭教師をした女の子とは、それ以来地球上で最も仲の良い友人となり、いつも彼女の文化のことについて話しました。しかし、911の後はイスラームと彼女の信仰についてより詳しく質問するようになりました

私はそれらムスリムの人々を知っており、そこには一人もテロリストや原理主義者などいませんでした。そして彼らはその宗教に帰属しているという理由だけで相当な数の憎悪にさらされていました。事件直後の数ヶ月は特にそれが顕著でした。

私は自分の家族や友達に対して憎悪について忠言するため、より多くの知識を得ようとしました。人は理解しないものに対して恐怖するものだからです。

私はパキスタン人の友人からアバーヤとヒジャーブを借り、それらを着けたときにどのような対応をされるのか自分の目で確かめるため、それを学校と職場に着て行ったりもしました。それらを着てさえいなければ一般的なアメリカ人女性として扱われたのです。

その差は極めて顕著でした。それはあからさまに辛辣で、ある場面で私は泣きだしてしまったほどです。私の友人への敬意は増し、当時からそれは少しも変わりません。彼女は私のヒーローでしたし、今でもそうなのです。

彼女、そして私と同じような環境で育った改宗者の男性である別の親友は、私にとって最も大きな影響を与えました。

その改宗者の友人とは、イスラームについて何時間でも会話できました。なぜ改宗したのかや、いかに改宗したのかに関して、またあらゆる情報を彼は惜しみなく共有してくれました。

彼は私が持っていたものと同じ疑問を持っていたため、それについての答えをくれました。彼がいなければ、私は今のようなムスリムになってはいなかったでしょう。その後の3年半に渡り、私のイスラームへの理解はゆっくりながらも着実に進んでいきました。

私はイスラームに対して敬意を抱いてはいましたが、実際に自分自身がムスリムになるというところまでは考えてはいませんでした。そして、それは私の人生で最も困難な決断でした。

ここから私が述べる部分は、時には語らずに伏せておくこともあるものです。なぜなら、私がムスリムになった理由のうちの1つとしては関連性がありますが、根本的な理由としては関係がないからです。読者に対しては正直にあるべきなので、これは重要なことです。

他のムスリムが私のヒジャーブを目にしたときにする質問は、「あなたはムスリムですか?」ですが、その後に来る2つ目の質問の99%が「ムスリム男性と結婚しているのですか?」なのです。そこには、私がムスリム男性との結婚をきっかけに改宗したのではないかという憶測が込められています。

それに対してはいつも「いいえ」と答えるのですが、ひとりの男性が関わっていなかったといえば嘘になります。改宗の過程における最終段階にはムスリム男性が関わっていたからです。彼のプライバシーと名誉のため、彼自身のことについての詳細は述べませんが、そのことについては明らかにしなければなりません。

それはなぜかというと、人々は既に結婚もしくは婚約している改宗者を目にすると、彼らはその異性のために改宗したと思うからです。私はそれが必ずしも当てはまるのではないということを明確にしたいのです。

もしも私が彼のために改宗したのであれば、彼が結婚を申し込んできたとき、私は彼と結婚したでしょう。しかし私はそうしませんでした。そしてそれは人生において2番目に難しい決断でした。彼は私の目標ではなく、私にとっての扉だったのです。彼を通して私は人間として、そしてムスリムとしての人生の中で最も重要な人々と出会うことができました。

たとえば、オスマーン一家は躊躇することなく私を受け入れてくれました。彼らは私の男友達が私を連れてきたからといって非難の言葉を発したりはしませんでした。そのことについて、また他の多くの事柄について私は彼らを尊敬しています。彼らと出会った最初の夜、彼らの家族の間で、私はとても居心地よく過ごすことができましたし、私は既に彼らの一員として扱われていました。

おそらくアッラーは、オスマーン一家の父親に知識を授け、私を歓迎すべきことを知っていたのでしょう。読者の皆様には100%の確信を持って、もし私がオスマーン一家と出会わなければ、今のようなムスリム女性としての私はなかったでしょうし、イスラームに改宗すらしなかった可能性もあることを断言することができます。

バイ・ジーと彼の一家は、私にとっての一番のヒーローであり、最も愛すべき人々であり、最も大きな影響であり、最も偉大な教師たちです。私は彼らに対してあらゆる借りがあります。

彼らと出会った4ヶ月後の2005年3月初旬、自分が変わったことを実感した私は、彼らのリビングルームで、私をこよなく愛してくれる人々の前でシャハーダをしたのです。

「私は唯一なる真実の神以外に神はなく、ムハンマドが神の使徒であると証言します」という真理の証言をしたときの私の感情は、言葉に表すことなど決してできません。

あたかも内側から光り輝き、爆発して光の粒子になってしまうかのような感覚にとらわれました。神の手が私の内側から罪を取り除き、私をまっさらな状態にしてくれているような感じもしました。その時の究極の幸福感は、私の中で永久に生き続けることでしょう。なぜなら私はその瞬間、天国を垣間見たからです。

そのとき、すべてが変わったと悟ったのを覚えています。実際、すべてが変わったのです。私の人生を通して、私は今の自分のままでしたが、神の御意により、22年間でそれを実感することができるようになったのです。

あの日のあの決断以来、私はもう過去を振り返ったりはしません。過去の1年半では、これまでの22年間の人生よりも、さらなる意味とさらなる幸福を見出したため、自分の行いは後悔してはいません。

私は今の自分以外の誰にもなることはありません。そしてそれこそが、私の魂にとっての真の改宗なのです。

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

観覧

毎日
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
合計
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version