El artículo / video que has solicitado no existe todavía.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

El artículo / video que has solicitado no existe todavía.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

ハリーマ・デイヴィッド 米国出身の元キリスト教徒

評価:
フォントサイズ:

説明: 父親にキリスト教徒として育てられた米国人の少女は、大学進学時のシカゴからコロラド州への引っ越しを機に、イスラームを知ります。

  • より ハリーマ・デイヴィッド
  • 掲載日時 20 Jul 2015
  • 編集日時 20 Jul 2015
  • プリント数: 8
  • 観覧数: 2270 (日平均: 2)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

父は、男手一つで私をキリスト教徒として育ててくれました。彼はキリスト教徒的な価値観を一生懸命私に教え込みました。私は小学生の頃からバイブルを良く読んでいたため(分からない言葉は飛ばしつつ)、そこに矛盾があること(豚肉を食べること、イエスの死――彼に神の慈悲と祝福あれ――など)に気付いていました。

12歳の頃には、既に自分がキリスト教を本当は信じてはいないことに気付いてはいたものの、どうしたらいいのか分かりませんでした。私は神を意識し続け、真理を示してくれるよう祈っていました。実際、私はとても頻繁に神に祈りました。私には多くの疑問がありました。「なぜ自分は存在するのか」「私がこの地球にいる目的とは何なのか」こうした質問は誰もがするものでしょう。

人間、そして人間が存在する世界の双方を構成する複雑難解な設計が見せる多様性と複雑さは、それを創った創造主の存在を示唆しています。設計されたものには設計者の存在が不可欠です。海辺の砂浜に足あとが残っていれば、少し前に誰かがそこを歩いていたということを直ちに結論付けることができます。海の波が、人間の足あとと全く同じようなくぼみを偶然作り出すといったことを結論付ける人はいません。同じように、人が目的もなく存在させられたのだと本能的に結論付ける人はいないのです。目的を伴う行為は、人間の知性による自然な賜物であることから、人は自分たちを創造した至高の叡智を持つ存在が、特定の目的を伴って自分たちを創造したはずなのだと結論付けるのです。こうした理由により、人間は人生の意義を見出すため、そして最終的に自分たちにとって有益となることを行うため、自らの存在の目的を知る必要があるのです。

私が自分のことを「真理の探求者」と呼んでいた19歳の頃、神を見出すことの欲求を満たすため、異なる文化や信仰を求め多くの旅をしました。私は道教、魔術、仏教、ラスタファリアン、ユダヤ教、フリーメーソン、キリスト教、ヒンズー教、精霊崇拝などを齧りました。イスラームについても12ページだけ読んだことはあったものの、それは自分自身の欲望を満たすものではないと感じて直ちに退けました。私はムスリムがアッラーを崇拝し、ムハンマド(神に慈悲と祝福あれ)を預言者とし、一日5回の礼拝をすることだけは知っていました。

一日に5回!?

それはかなりの重労働に思えました。それが天地の創造者である神の宗教であるとはとても思えませんでした。

やがて21歳になろうかという頃、私は米国に帰国しました。私はそれまでに見てきた宗教には満足できていませんでした。私は夢だった医科大学に進学することにしました。願書を提出し、入学試験を受け、無事合格することができた私は、ミシガン州からグレイハウンドバス(長距離バス)に乗り、コロラド州へ向かっていました。その道中で、後ろの席に座っていた若い男性に出会いました。名前を尋ねるとイブラーヒームといい、エンジニアになるためにアフリカから渡米し、大学へ向かっているところでした。

私たちは会話を始め、彼は自分がムスリムであると言いました。それはどういう意味なのかと尋ねると、彼はムスリムがアッラー以外には崇拝に値せず、ムハンマドがアブラハムの信仰における最後の預言者であることを信じているのだと言いました。

私はユダヤ教徒の後にはイエスとムハンマドという2人の預言者が出現したこと、そしてキリスト教徒の後には預言者ムハンマドという預言者が出現したのだと結論付けました。

イスラームという宗教についてさらに質問を続けていると、彼はムスリムが使用する小さな祈願(ドゥアー・ズィクル)集を見せてくれました。その中で、私が初めて読んだものは以下のものでした。

 同位者なきアッラーの他、何一つとして崇拝に値せず。かれにこそあらゆる主権と称賛が帰され、かれは全能なる御方なり。

そのとき、私が探し求めていたものはイスラームの可能性が高いと感じました。その後、私はアッラーとは何者なのかということについての本を読み始め、以下の2つのことに注目しました。

 アッラーの御名において。かれの御名以外には、地上もしくは諸天の何一つとして害をもたらすこともなく、かれこそは全聴者、全知者であられる。

 アッラーよ、私またはあなたの被造物のうちの誰であれ、もたらされたいかなる恩寵も同位者なきあなたからのものに他なりません。あなたにこそすべての称賛と感謝あれ。

私はイブラーヒームの方を向いて、どうすればムスリムになれるのか聞いてみました。彼は「ラー・イラーハ・イッラッラー、ムハンマダッ=ラスールッラー(アッラー以外に崇拝に値する神はなく、ムハンマドはアッラーの使徒である)」というシャハーダと呼ばれる信仰証言をしなさいと答えました。その証言の内容を信じつつ言うのであれば、そのグレイハウンドバス内で直ちに私はムスリムになることができるのだと彼は言いました。それで私は15分間に渡って彼と話し合った後、ムスリムになる決意をしました。これは約7年前の出来事です。結局、私は医科大学には行かず、自分の新たな信仰について学ぶことにし、ユタ州へと引っ越しました。私はそこで、自分をコミュニティに温かく受け入れてくれた多くのムスリムたちと出会い、沢山のことを学びました。

私がムスリムとして学んだ最も重要な事柄のいくつかを要約すると、以下のようになります。

·       被造物が存在するという事実から、それを創った創造主の存在が不可欠だということ。

·       神の存在は、大衆を通して証明されます。私たちは皆、崇拝への必要性を感じており、多種多様な宗教や信仰を通してそうします。

·       そうでなければ、私たちは崇拝という概念をどこから得ることができたたのでしょうか?

·       もし神が複数存在したのであれば、かれらは内輪揉めし混乱を極めたことでしょう。

·       人間は皆、魂の中に刻み込まれた神への信仰について責任を負っています。この生来の信仰に基づき、アッラーはクルアーンの第51章において人類創造の目的を定義付けているのです。

 ジンと人間を創ったのはわれに仕えさせるため。(クルアーン51:56

·       私たちが社会を築き上げる基礎となる法は、あらゆるものを創造した創造主の存在の証拠であり、私たちは規定と法律と作ることによって、かれとかれの法を模倣しているに過ぎません。そして残念ながら多くの場合、人間社会は神の法とは相反する法律を作り上げています。

こうした法を抜きにしては、大規模な混乱と無秩序が全世界に広まり、私たちが現在暮らしているような世界とは非常に異なるものが出来上がってしまうでしょう。

·       ある宗教について的確な判断を下そうとする際には、その信奉者たちによってではなく、その教えによってなされるべきです。

·       イスラームは完全な体系を有しており、人類が必要とするあらゆる側面における導きを全人類に与えます。

·       イスラームに対し、各々が実践したいと勝手に思っているような型に当てはめたり、変えてしまったりすることは出来ません。私たちが自分自身をイスラームにそぐうように変えていかなければならないのです。

·       人類が創造された根本的な目的とは、神を崇拝することです。しかし、全能なる神が人間の崇拝を必要としている訳ではありません。神は自らの必要性を満たすために人間を創造したのではないのです。

たとえ人間が一人たりとも神を崇拝しなかったとしても、神の栄光を軽減させることはなく、全人類が一丸となって神を崇拝したとしても、神の栄光を増大させることはありません。神は完全無欠の存在であり、いかなる必要性もなく自存しています。あらゆる被造物は必要性を抱えており、人類こそが神への崇拝を必要としているのです。

-      なぜ人類は神に啓示された法に基づいて神を崇拝・称賛する必要があるのでしょうか? なぜなら、神の法への服従は現世と来世における成功の鍵だからです。最初の人間であるアダムとイブは天国において創造され、法に背いたことにより天国から追放されました。人間が天国に帰る唯一の方法とは法に従うことに他なりません。

-      神の法は、人生のあらゆる側面において導きを提供します。それは善悪を定義し、あらゆる諸事を司る完全なシステムを提供するのです。被造物にとって何が最善かつ有益なのか、そして何が有害かつ無益なのかを知り尽くしているのは創造者その方だけなのです。

  神の法は人間の魂と身体、そして人間社会の保護のために様々な行いや物質を禁じます。人間が清く正しい人生を送る可能性を実現させるため、人間は神の立法に基づいた服従を通して崇拝行為をしなければなりません。

私は現在既婚者となり、主婦として子どもたちを育児中です。私は子どもたちの絵本も制作しています。

また、ムスリムの信条、人格、礼儀、商取引などの規範について紹介する3つのウェブサイトの管理人でもあります。

コメントを付ける

同カテゴリからの他の記事

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version