L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

真贋を見極める者、ウマル(1/3):「ウマルによってイスラームは強化される」

評価:
フォントサイズ:

説明: どのようにして預言者ムハンマドの第二の後継者がイスラームを受け入れたかについて。

  • より アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 25 Feb 2013
  • 編集日時 25 Feb 2013
  • プリント数: 57
  • 観覧数: 8401 (日平均: 3)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラームの敵がウマルの名を耳にすると、彼らは膝を震わせる程でした。サタンが道端をくウマルを目にすると、彼は反対向へと逃げ去った程です。ウマルの友人たちでさえ、彼の存在感に圧倒された程で、彼が怒るのを恐れていました。しかしながら、この力き男は簡単涙し、柔和で思いやりにちた心を持っていたのです。ウマルは弱気になることなく、謙遜しました。ウマルは二つの対照的な気質を持ち合わせていたため、預言者ムハンマドの友たちの中でも特な存在でした。ウマルによる真実への道は、預言者ムハンマド、そしてイスラームにする激しい憎悪から始まりましたが、その憎悪はやがて熱烈な愛情へとわりました。ウマル・ブン・アル=ハッターブはイスラムを強化したのです。

ウマルは裕福でも貧しくもない、中流の家庭であったクライシュ族の一氏族であるアディ家に属していました。彼の父は厳格な人物として知られ、ウマルを徹底的にしごき、必要とあらば体罰を加えました。しかしながら、ウマルは時のイスラーム以前のアラビア半島においては稀な能力であった、み書きが出来たと言われています。彼は預言者の生誕からおよそ11年後に生まれ、比較的色白な肌を持ち、非常に長身でがっちりとした体格と、勇猛な性格に加え、格にも長けていました。

少年時代のウマルは、彼の父と叔母のために羊飼いの手いをし、報酬を貰っていましたが、それによる丸一日の労働で得たものは、一握りのナツメヤシだけでした。彼は入を増やすために格闘競技をしたりしましたが、成人すると商人として成功をめ、尊敬される人物となりました。ウマルは力強い人物として知られていました。彼の姿勢と物腰は強靭な体力を示し、は大きく、堂々していました。ムハンマドの教えがマッカ住民にとって問題として表面化したとき、ウマルはイスラムへの憎悪を公言し、イスラームの新改宗者たちへの虐待や拷問に加わっていました。

二人のウマル

彼のウマルという本名では知られていないものの、イスラムに敵対するもう一人の強力な人物がいました。彼はアブー・ハキーム(英知の父)としても知られていましたが、歴史においてはイスラムの天敵・アブー・ジャハル(無知の父)として記されています。預言者ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)は、イスラームの真実を認知しない彼の完全な無知さから、彼をアブー・ジャハルと名付けました。承によると預言者ムハンマドは、二人のウマルの内のどちらかより愛された者によってイスラームを化してくれるよう、両手を掲げて神へと嘆願しています。イスラムの敵、そして預言者ムハンマドの教友たち双方にとって、ウマルブン・アル=ハッターブがイスラームに改宗することは、全く思いもよらないことだったのです。

ウマルのイスラムに対するあまりの憎悪は、彼を預言者ムハンマドの殺害へと動かしました。彼は一瞬のためらいも見せず、マッカの街路を闊し、剣抜き預言者の生命を奪おうと決意していました。マッカのれムスリムの一人は、彼の表情を見た瞬間、預言者ムハンマドが危機にあることを悟りました。彼は自分に及ぶかもしれない危を省みず、ウマルに近づき、そんなに急いでどこに行くのかと彼に尋ねました。ウマルは、「我々を分裂させ、我の神々を罵り、我々を馬鹿にした男のところへ行くのだ。」とえた後、「奴を殺す。」と言いました。

このヌアイムという若いムスリムの心は恐怖でたされ、ウマルに議論をふりかけて彼の考えを変えようと試みましたが、ウマルの決意は固く、街路を再びみ始めました。ヌアイムはためらいながらも、結果的にウマルをイスラームへ改宗させることになる言葉をします。「まずはご自分の家族のことを心配すべきではないのか?」ウマルは足を止め、その言葉が何を意味しているのかを問いただしました。ヌアイムは、預言者ムハンマドの生命を救うため、ウマルの愛する妹と彼女の夫が、密かにイスラムに改宗したことを告げたのです。

ウマルを方向をえ、直ちに妹の家へと向かいました。彼が家に近づくと、クルアンを朗誦する声が外からも聞こえてきました。ウマルが扉を叩くと、家の中に居る彼女らは大慌てでクルアンの写本を隠そうとしましたが、ウマルが入ってきて、彼が耳にした鼻歌のような旋律は何か答えるよう、要求しました。ウマルの妹は、それが何でもなく、ただの話だったと答えましたが、ウマルはそれがクルアーンの音であったことに気付いていたため、脅迫的にこう言いました。「お前はムスリムになったのか?」ウマルの義理の弟が肯定すると、ウマルは彼に飛びかかり、地面へ叩きつけました。ウマルの妹が夫を守ろうとしてもみ合いになりましたが、ウマルは彼女を殴り、流血させてしまいます。

クルアンによる影響

さで有名だったウマルの特質を、彼の妹も持ち合わせていたようで、彼女は起き上がると怒り狂う兄に立ち向かい、こう言いました。「神の敵よ!あなたは私が神を信じるというだけで私に手を上げるのですか!あなたが好もうと好むまいと、私はアッラー以外に神はなく、ムハンマドが神の僕かつ使徒であることを証言するのです!好きにしなさい!」ウマルは自分の妹の顔から流れ出る血を目にすると、その言葉は彼の心に響き、彼は立ち上がりました。ウマルは家の外から聞こえてきたクルアンの言葉をもう一度朗誦してくれるよう、頼みます。

 われがあなたにクルアーンを下したのは、あなたをますためではない。主を畏れる者への、訓戒に外ならない。大地と高い諸天とを創りなされる、かれから下された啓示である。慈悲深き御方は、玉座に座なされる。天にあり地にあるもの、そしてその間にある凡てのもの、また、湿った土の下にあるものは、凡てかれのものである。仮令あなたが大で話しても(関りなく)、かれは、秘められたことも隠されていることも知っておられる。アッラ、かれの外に神はないのである。最も美しい御名はかれに属する。”(クルアー20:2−8)

ウマルの目は熱いで溢れ返りました。彼は、「我々は、これに敵対していたというのか?」と尋ねます。「この言葉をした者は、崇拝されなければならない。」ウマルは妹の家を出て、ムハンマドのもとへ急ぎました。預言者ムハンマドの周の人々怖れていましたが、彼らはウマルを預言者のもとへ通しました。預言者ムハンマドは彼を掴んでこう言いました。「なぜここへたのだ、ハッターブの息子よ?」

ウマルは預言者ムハンマドを前に恥じ入りつつも、喜びと共にこう言いました。「神の使徒よ、私がここへたのは、神とその使徒を信じることを表明するためだけです。」預言者ムハンマドは嬉しさのあまり、「神は偉大である!」と叫びました。日も立たないうちに、ウマルはムスリムの列をえ、神の館へと向かい、そこで皆、おおやけに礼拝をしたのです。この出来事をもとに、預言者ムハンマドは彼にアル=ファルーク(真贋を見極める者)という称号を与えました。彼は真理と虚偽を見分けることが出来たからです。イスラムはウマルによって強化され、彼の憎悪は果てしない愛情へと化しました。彼の生と死は、神とその使徒のためのものとなったのです。

 

 

真贋を見極める者、ウマル(2/3):共同体への尽力

評価:
フォントサイズ:

説明: ウマルによる、イスラームの同胞愛。

  • より アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 25 Feb 2013
  • 編集日時 25 Feb 2013
  • プリント数: 53
  • 観覧数: 8408 (日平均: 3)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ウマルブン・アル=ハッターブは強固かつ自己主張のい男で、過去にその心はイスラームへの憎悪で燃え上がっていました。預言者ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)による神への嘆願と、クルアーンの荘厳なる美しさは、彼のすべてを変えました。ウマルがイスラームを受け入れると、彼はムスリムとしてムハンマドのウンマに奉仕し、ウンマが喜ぶことを喜び、ウンマが悲しむことを悲しむようになったのです。

ウンマとはアラビア語で「共同体」を意味する言葉ですが、他のアラビア語の語と同様、完全に日本語に訳すことは出ません。アラビア語のウンマの語根は「アンマ」であり、それは「行く」または「見に行く」を意味します。「イママ」とは導くことを意味し、例えば礼拝の導師は「イマーム」と呼ばれます。おなじ語根による語に、母親・源泉・起源を意味する「ウンム」があります。

ウンマとは、神の崇といった一つの目的によって団結した信仰者たちによる共同体を意味します。団結した彼らはく、分裂した彼らは弱いのです。ウンマの一員はそれぞれが精神的に統一され、それは物理的にも示する程です。ウンマの一部が痛むと、ウンマ全体が痛むのです1

“本にあなたがたのこのウンマは、一つのウンマである。われはあなたがたの主である。われを畏れよ。”(クルアーン2352)

このことの例として、ムスリムたちが遠い異に住む同胞たちに対する虐待や抑圧へ避難しているのをテレビなどで目にする場合の反が挙げられます。ムハンマドのウンマにおいて、もしその一員が傷つけられていたのなら、他の全員にとってもその痛みは本物なのです。ムスリムは倫理的に正しいことに立ち上がり、非人道的なことはイスラムとは無関係なものです。ウマル・ブンアル=ハッタブはこの独自の特徴をすぐに解し、自らをウンマの一員として宣言したのです。

ウマルブン・アル=ハッターブがイスラームを受け入れたとき、彼はこの共同体の一員となることを望み、そのことを高らかに宣言しました。ウマルは喜びの中にあっても、悲しみの中にあってもこの共同体の一員となることを決めたのです。彼の改宗の際、ウンマの中の弱き人が組織的な虐待と抑圧を被っていましたが、彼はその苦しみを理解するようになり、また彼自身も過去にそれを行っていた事により、自らもそれを経験することを望みました。ウマルは彼のイスラームへの改宗が付かれないものとすることを望まず、ただちにイスラームの敵に対してそのことを公言しました。

初、イスラームに改宗していなかったマッカの人はウマルの改宗に関してショックを受け、すぐには反応しようとしませんでしたが、その噂はまり、彼らは神の館へと向かってウマルを襲撃しました。大で筋肉質な勇士である彼は、襲撃者たちの真ん中に座りみ、その攻撃に甘んじました。ウマルの心はイスラームの同胞にする愛情で溢れていました。預言者ムハンマドはこう言っています。「仮に私の後に預言者が出現したとすれば、それはウマルブン・アル=ハッターブだっただろう。」

力よりも大きなもの

ウマルはアブー・バクル・アッ=スィッディークと共に、預言者ムハンマドに最も近かった友でした。アリー・ブン・アビー・ターリブが伝えるところによると、預言者ムハンマドは、朝にアブー・バクルとウマルを従えて出し、夜も同様に二人を従えてってきたということです。預言者自身、彼ら二人を自らの目と耳であるとし、二人を「地球の住民における忠言者」であるとしています。ウマルは、ムスリムのウンマにおける危機と試練のすべてにおいて、預言者ムハンマドの側に立っていました。

マッカのムスリムたちがマディナへと移住した際、彼らは皆、計画に基づいた密かなる旅立ちをしましたが、ウマルだけは例外でした。彼は堂と移住した唯一のムスリムで、事実、彼は出発を宣言し、彼を阻むことの出来る屈な挑戦者はいないのかと求めた程でした。ウマルは自分の首の周りでを振り回し、憎悪の消え、神そして預言者ムハンマドとその同胞への愛情によってち溢れた胸を張り、マッカの通りを闊歩したのです。預言者ムハンマドがウンマを作り出し、ウマルは彼の側に立ったのです。

その比類なきさによって記憶されてはいますが、彼は敬虔さと親切さにおいても卓越していました。彼は夜間を崇で過ごし、たびたび夜も深まった時に家族を起こして崇拝に加わるよう促していました。彼は熱烈な信仰者であり、神による園の約束を信頼し、神のために信仰者たちを益そうと自らの富を費やしていました。預言者ムハンマドの教友の一人のえる伝3によると、ある時ウマルは22,000ディルハムを困窮者のために分配し、砂糖の入った袋を配布することも習慣としていました。なぜ砂糖を配布するのかと尋ねられたとき、ウマルはこう述べています。「なぜなら私はそれをこよなく愛し、神もこのように仰せられているからだ。

 あなたがたは愛するものを(施しに)使わない限り、信仰を全うし得ないであろう。あなたがたが(施しに)使うどんなものでも、アッラは必ず御存知である。”(クルアン3:92

ウマルは、預言者ムハンマドにより園に入るという吉報をもたらされた10人のの一人でした。しかし、そのことは彼が人生を通して神のご満悦を得ようと努力することを怠らせませんでした。彼は知識の人でもあり、またその親切さと神への崇のための不断献身だけでなく、ムハンマドのウンマにくす人物でもあったのです。預言者ムハンマドは、私たち全員にこのように告げています。「人は、自らに望むものを同胞にしても同じく望むようにならない限り、真の信仰者とは言えない。」 ウマルは楽園を望みましたが、彼は唯一なる真実の神以外に神はなく、ムハンマドはその使徒であると信じた老若男女全てにもそれを望みました。これが、贋を見極めた男、共同体のために尽くす男であるウマルだったのです。



Footnotes:

1 サヒフ・ブハーリ、サヒム・ムスリム

 アッ=ティルミズィー

3 イブンカスィール著の「正統カリフ伝」より

 アッ=ティルミズィ

 サヒーフブハーー、サヒム・ムスリム等

 

 

真贋を見極める者、ウマル(3/3):信仰者の長

評価:
フォントサイズ:

説明: ウマルは正義、寛大な心、そして敬虔さの模範でした。

  • より アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 04 Mar 2013
  • 編集日時 04 Mar 2013
  • プリント数: 51
  • 観覧数: 8031 (日平均: 3)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ウマル・ブン・アル=ハッターブは、ムスリムのウンマ(家)における第2代目の正統カリフで、信仰者の長と呼ばれた最初の指導者でした。預言者ムハンマドの逝去後、彼に最も近かった盟友であるアブー・バクルが彼の後を継ぎ、2年間に渡ってムスリムたちを率いました。アブー・バクルが自らの死期が迫っていることを悟ると、彼に近い友人や側近たちを集め、彼らの任務が終ったことを告げました。アブー・バクルは自らの後継者を彼ら自身で選出することを望んだのです。しかし、協議の後、彼に疑いの念を全く抱かないアブー・バクルの教友たちは、彼が選択してくれるようみました。アブー・バクルはウマルを選択しました。

アブー・バクルの周りには、非常に辛辣で屈強な男として知られたウマルが人々厳しくするのでは、という懸念が一部でありました。アブー・バクルは、彼にとってウマルこそが人々の中でも最適の人物であるという返答をしました。初、マディーナの人々によるこうした反もありましたが、ウマルは第2代目のカリフとして任命されました。彼は、自分の持つ展望を人へと直ちに演説し、その統治を開始しました。ウマルは、人々が彼の固な部分について心配していることを知っており、そのことについても語りました。

彼はこう述べています。「人よ、私はあなたがたの諸事において統治するよう任命されたことを知りなさい。私の強固な部分については弱まったことを認知して欲しい。だが、抑的、また逸脱した者たちについては、これからも強固かつしくあり続け、それら者たちの頬を地べたに押し付けてやろう1。また、私は自分の頬を地べたに押し付けてでも、敬虔な者を守りぬいてみせよう。

それからウマルは人に対し、彼は神が命じたもの以外には決して彼らの農作物や利品などから徴収せず、その収入は神をご満悦させるため以外には消費しないことを説明しました。ウマルは財政面における公正さの重要性はもちろんのこと、ムスリムのウンマ属するいかなる小さな位の通貨であれ、その徴収法や使い道についてはやがて神によって審問されることを熟知していました。また、ウマルは人への支給や収入を増加させ、境を防衛することも告げ知らせました。

預言者ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)とその友たちが、必死に築き上げた若きムスリム国家は、独創性に溢れていました。ムスリムの庫からは、ウンマのすべての住民に対しての配当が支われていました。急速に拡張を続けていた家における政府の従事者であるかどうかに関わらず、その富は等しく配分されていたのです。それを制度化したのはウマルではなく、彼はただ先人の築き上げた慣例に従っていたのですが、入の増加を約束したのは彼自身の提案によるものでした。

またウマルはムスリムの軍隊を「破滅」へとは派遣しないことを約束しました。つまりリスクが査定され、許容可能なものでない限りはそうしないということです。彼は兵士が長期間に渡って家族と離れ離れにならないこと、そしてもしもらぬ人となってもカリフは彼らの家族の面倒を見るということを約束したのです。ウマルは、指導者の役割とは人の保護であると信じていました。

大統領や首相らがボティガードに囲まれ、自らの威を守るためには他人を踏みにじることをも厭わないような現代においては、こうした概念は非常に奇異に映るものです。ウマルブン・アル=ハッターブは、一大帝国の指導者であったにもわらず、ボティーードをつけることの必要性を感じることはありませんでした。彼はたとえ夜間であっても、一般市民のようにマディナの街路を歩いていました。事実、彼は夜になると密かに見回りをしつつ、喜捨を配布していたのです。

ウマルによる統治期には、「灰の年」と呼ばれた時期があります。この年、ムスリムのウンマにとっての大きな試練がもたらされました。当時、干魃と飢饉が襲い、風が皮膚にあたると、それはまるで燃えが皮膚を焼くほどに熱いものでした。食肉、バター、乳は手に入らなくなり、々は乾燥したパンの切れ端に油を塗って飢えをしのぎました。ウマルは、人に供給されていないものは決して飲み食いしないと誓いました。食品が市場に供給されるようになってからも、ウマルは値上げされたそれらのものを買うことを拒否しました。彼がこう言ったのが耳にされています。「もし私が臣民たちと同じ試練を受けているのでなければ、どうして臣民たちのことを心配し、理解することができようか。

ウマルは、その統治から1400年以上たった今でも、正義の人として記憶されて続けています。イスラムの正義、慈悲、思いやりといった原理に基づき、貧富の差、皮膚の色、権力の有無にわらず、ウマルは統治する人々をみな平等に扱いました。彼は神によってやがて彼の行が審問されることを常に怖れていました。彼は人々中に、きちんと世話がされていない病人や困窮者がいないかどうか気を揉んでいました。ウマルブン・アル=ハッターブは、裁判官や総督の職務を欲していた者たちを任命したのではなく、ウンマの中の最も敬虔な者たちを注意深く選んで任命したのです。

ウマルは自らを一般のムスリムとして認識していましたが、史による認識はそれとは程遠いものです。ウマルは精神面・肉体面の双方で力く、親切・高潔で、慎み深い生活をみました。ウマルは彼の敬愛する預言者ムハンマドの志を受け継ぎ、彼の模範に倣い、彼の統を遵守させました。神の懲罰を怖れ、楽園を求めていたウマルは、その全存在をかけて、神のご満悦を得ることに身を注いだのです。ウマルは真偽を見極めることができ、ウンマの中の誰かが感じる痛みを自らも感じ取ることができ、誰かが神の崇拝に足すれば、自らも喜びを感じたのです。ウマルは正統4代カリフの一人でした。現在においても、彼は強さ、正義感、愛情、慈悲における模範でありけているのです。



Footnotes:

1 これは時のアラブ人たちが使用していた慣用句で、厳しい対応を示す言葉として使われていました。それは、他者への抑と権利の侵害は完全に認められないことを意味しました。

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

観覧

毎日
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
合計
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version