您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

なぜ神は創造したのか(上):創造主としての神

評価:
フォントサイズ:

説明: なぜ神は創造をしたのかという根本的質問に対する答え。第一部:創造主としての、神が持つ独自の特質の現れ。

  • より Dr. ビラール・フィリップス
  • 掲載日時 06 Apr 2015
  • 編集日時 06 Jul 2015
  • プリント数: 17
  • 観覧数: 7178 (日平均: 4)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

「なぜ神は創造したのか」という根本的な質問には、神の視点から答えられなければなりません。人間は、実際には最も偉大な被造物ではありません。神はクルアーンにおいてこのように述べています。

 “天と地の創造は、人間の創造などよりも偉大である。だが人びとの多くはそれを理解しようとはしない。”(クルアーン40:57)

人間を構成する元素は、人間がその中に存在している宇宙そのものよりも遥かに単純なものです。しかし、その事実を認識しているのは非常に少数の人々だけです。人類による宇宙空間への進出、あるいはテクノロジーや知識の進歩などの、地球上に生息する他の生物に対する優越性から、人類はいつの時代でも傲慢となり、自分たちこそが世界最高の存在であるとみなします。人類による偉大な発見の大半は、人間そのものに関するものではなく、その周囲に関するものであるということに言及されなければなりません。それゆえ、人間の努力は人間そのものでなく、物質社会に集中する傾向があります。神は上記の節において、この世界における人間の真の地位について言及します。人類は、神による奇跡的な創造からもたらされた被造物の中でも僅かな部分を占めるだけなのです。それゆえ、神が人類を創造した理由が理解される前に、なぜ神が創造したのかというさらに根本的な質問が答えられなければなりません。

創造主

創造とは、創造主である神の特質によってもたらされるものです。創造主が創造をしなければその存在に矛盾を孕みますが、それは神が創造することを必要としているということではありません。神はあらゆる必要性からも無縁な存在であるからです。かれを必要とするのは、被造物の方なのです。著者の偉大さがその著作においてはっきりと分かるように、創造主の完璧な創造の特質は被造物の中において見出すことができます。真の意味での創造とは、神のみによって行われるものです。人間も創造行為を自らに帰しますが、それは真の創造とは異なるものです。人類は単に、神によって創造された既に存在するものを模倣しているに過ぎません。テーブルは木々から作られ、石から作られた金属の釘やネジによってつなぎ合わされます。人間はその材料となる木々や石を作ったわけではありません。事実、人間の作る全てのものは、人間には作るのことの出来ない物質に元をたどることができます。芸術家でさえ、自身が見たものを元にデザインを「創造」します。感覚で捉えられないことを想像することは不可能です。芸術家による思想は、すでに創造されていることが反映されたものです。神のみが、無から創造する者なのです。こうした基本的な事実は過去も現在も一部にとっては不可解なものであるとされます。古代および現代の哲学者たちの一部は、神がいかにして無から創造するのかということを理解できず、被造世界とその中のすべてのものは、元来は神の一部であると主張します。つまり彼らによると、神は自らの一部を用いて宇宙を創造したといいます。こうした主張は、すでに存在するものを加工することによって「創造」することしかできない人間を、神と比較した結果もたらされたものです。しかし、神は自身に人間的な制限を与えるそうした類のあらゆる主張を否定します。神はクルアーンにおいてこう述べます。

 “・・・かれに比べられるものは何もない。かれは全聴にして凡てを見透される方である。”(クルアーン42:11)

このように創造という行為は、創造主であるという神の特質からもたらされる結果なのです。神は最終啓示の中の様々な章句において、自身が創造主であり、あらゆるものはかれに帰属されるのだということを人類に対し強調しています。

 アッラーは、凡てのものの創造者であり、また凡てのものの管理者である。クルアーン39:62)

 本当にアッラーは、あなたがたを創り、またあなたがたが、造るものをも(創られる)。」(クルアーン37:96)

人間は、神の許しなくしてはこの宇宙において何一つ出来事が起きないことを認識する必要があります。神以外の何かから悪からのご加護を求めたり、善を求めたりすることは重大な過ちです。無知により、多くの人々は様々なお守り、占星術、手相占いなどを通して不幸を避け、善きものを求めようとします。クルアーンにおいて、神は人間に対し、神から悪のご加護を請い願うよう述べています。

 言え、「黎明の主にご加護を乞い願う。かれが創られるものの悪(災難)から”(クルアーン113:1−2)

全能なる神アッラーは、悪とは無縁であり善良なる御方です。かれは世界を創造し、私たち人間が善行あるいは悪行を行うことのできる自由意志を授けました。しかし、神の許しなくしては、いかなる善や悪も起きることはありません。それゆえ、神以外の存在に助けや加護を求めることは無益なことなのです。

 どんな災厄も、アッラーの御許しなく起きることはない。(クルアーン64:11)

神による最後の預言者ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)は、それについてこのように述べています

 心に留めておきなさい。全人類があなたを助けるために何かをしようとしたとしても、神が既にあなたのために記していること以外には何をすることもできないのである。同様に、全人類があなたへ危害を加えるために何かをしようとしたとしても、神が既にあなたのために記していること以外にはどんな危害を加えることもできないのである。(アッ=ティルミズィー)

 

 

なぜ神は創造したのか(中):神による慈悲と正義

評価:
フォントサイズ:

説明: なぜ神は創造をしたのかという根本的質問に対する答え。第二部:創造における、神の慈悲と正義の現れ。

  • より Dr. ビラール・フィリップス
  • 掲載日時 13 Apr 2015
  • 編集日時 13 Apr 2015
  • プリント数: 17
  • 観覧数: 5362 (日平均: 3)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

慈悲深く寛大なる御方

人類の創造において、神による優しさ、寛大さ、そして赦し深い特質は顕著に現れています。人間は善悪を本能的に見分けることのできる、善良で純粋な性質とともに創造されました。全能者はまた、人間の中に欲望を創り、神の法によってそれを自制するか、欲望のまま盲目的に生きるかを任されました。そして神は人間を創ったとき、彼らが神に反抗することを知っていました。また神はまずアダムを通してどのように悔悟するか、そして罪を浄化すべきなのかを人類全体に教えました。アダムとイブは、いかに人類がそうした例に従うべきなのかを象徴しています。彼らは欲望によって神の戒律を忘れたため、サタンにつけ込む隙を与えてしまいました。彼らは神に反抗した後、神に立ち返って悔悟したため、神は彼らをお赦しになりました。人類による神への反抗と悔悟において、神の完全なる情け深さと無限の慈悲は顕著に現れています。最後の預言者(神の慈悲と祝福あれ)は、その追従者たちにこう述べてその事実を伝えています。

 “もしあなたが罪を犯さずして神に立ち返り、かれの赦しを嘆願したのであったなら、かれは罪を犯し、神の赦しを嘆願する別の人物とあなたとを取り替えたであろう。”(サヒーフ・ムスリム)

最終啓示書においては、ただ一章だけを除いて、その114章の全てにおいて「慈悲あまねく慈愛深き神の御名において」という祈りで始まります。それは慈悲と慈愛という神の特質が強調され、人間が絶望に陥らないよう助長します。人間の罪がいかに大きくとも、真摯な悔悟をもって神に立ち返るのであれば、神は人をお赦しになります。神の使徒はこのように述べたと伝えられています。

 “神が宇宙を創造したとき、神はご自身が保存される書物のなかで、次のことをご自身に義務として課されたのである。「わが慈悲はわが怒りに勝る」”(サヒーフ・ブハーリー)

また、彼はこのように述べたと伝えられています。

 “(神は)慈悲を100もの部分と(して創造)し、その中の1つがジン、人間、そしてその他の動物に下された。この1つによって彼らはお互いを愛しあい、親切にし、さらには動物たちさえ子孫に思いやりを示すのである。神は残りの99の部分を審判の日、かれの真の崇拝者たちのために差し控えているのである。”(サヒーフ・ムスリム)

神はお望みであれば、人間を罪を犯すことのない天使のように創造することも出来たのです。しかし、かれは既に天使を創造しているため、それはかれの御意ではありませんでした。人間は過ちを犯すよう創られており、そうした間違いを認めて神の赦しを嘆願するのであれば、神の慈悲と赦しといった特質が顕著に現れるのです。

至上の正義

この世の最後に行われる審判において、神の至上の正義、公正さという特質も同様に顕著となります。その無限の知識から、神は創造を行う前にあらゆる人間を地上に住ませることなく天国と地獄に振り分けることもできました。神は創造をする前から、彼ら人間が現世においてどのような選択を取るか、またどれ程の供給と機会を与えるのか、そして彼らが信仰と不信仰のどちらの状態で死ぬのかといったことをすべてご存知です。それゆえ、ある意味では一部の人々が天国あるいは地獄のために創造されたということもできるのです。預言者ムハンマドの妻アーイシャは、預言者が次のように述べたと伝えています。

 “あなたは神が天国と地獄をお創りになり、それぞれの居住者も創造されたということを知らないのか?”(アブー・ダーウード、アン=ナサーイー)

もしも神が、天国が宿命付けられた人々を直ちに天国に送ったのであれば、彼らは神の決定について問いただしたりはしないでしょう。天国の人々は至福に満ちた永久の生命を喜んで受け入れ、地獄に入れられなかったことに感謝するでしょう。しかし、直ちに地獄に入れられた人であれば、それはなぜなのかと問いただすはずです。彼らは自分たちが地上で働くことになったであろう不正については全く無知であるため、それが不公平であると感じるのです。地獄の人々は、彼らに地上で暮らす機会が与えられたのであれば、信仰しつつ善行に励むであろうと必死に訴えかけるはずです。それゆえ、神は人間が地上で生きている間、各々に選択肢を与えることにより、地獄に入れられる者たちすべてが自ら地獄を選んだことをはっきりさせるのです。彼らは皆、その人生において神の慈悲を認識しながらも、神のしるしと導きを拒否した罪を問われます。そして彼らは神の審判が公正であり、文句のつけようがないことを認めます。しかしながら、それでも彼らはこの世界に戻り、善行を積む機会を与えてくれるよう請い願うのです。神はクルアーンにおいてこのように述べています。

 “罪を犯した者たちが主の御前に項垂れて、「主よ、わたしたちは見ました。聞きました。わたしたちを御返し下さい。わたしたちは善い行いをいたします。わたしたちは本当に悟りました。」(と言う姿を)あなたに見せてやりたいものである。”(クルアーン32:12)

しかし、たとえ神が彼らを再び現世に送り返したとしても、彼らは地獄で見たものをすぐさま忘れ、悪を選んで再び地獄に戻らされることになるのです。神はこのことについてクルアーンでこう述べます。

 “それでかれらが仮令(再び)戻されても、かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。”(クルアーン6:28

 

 

なぜ神は創造したのか(下):神の愛と恩寵

評価:
フォントサイズ:

説明: なぜ神は創造をしたのかという根本的質問に対する答え。第三部:創造における、神の愛と恩寵の現れ。

  • より Dr. ビラール・フィリップス
  • 掲載日時 20 Apr 2015
  • 編集日時 20 Apr 2015
  • プリント数: 16
  • 観覧数: 5220 (日平均: 3)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

神の愛

神の愛は、信仰者か不信仰者かに関わらず、全ての存在に対し、たとえそれが短いものであれ、人生を楽しむためにもたらされます。また、悪を退けて善を選んだ人々のために創造された天国においてもそれは実現しています。神は最終啓示において、神が愛する者たちとは善行をなす者(クルアーン5:13)、公正な者(クルアーン5:42)、敬虔な者(クルアーン9:4)、忍耐する者(クルアーン3:146)、神を信頼する者(クルアーン3:159)、たびたび悔悟して神に立ち返り、自らを清める者(クルアーン2:222)であるとしています。しかし、啓典と預言者たちを通し、何が善いものであり、正義であるか、そして敬虔さであるのかを人間に対して定義するのは神なのです。それゆえ、預言者たちに従う者たちこそが最も神によって愛されるのです。クルアーンにおいて、神は預言者ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)に対し、信仰者たちへこのように述べるよう命じています。

 “あなたがたがもしアッラーを敬愛するならば、わたしに従え。そうすればアッラーもあなたがたを愛でられ、あなたがたの罪を赦される。”(クルアーン3:31)

預言者たちが従われるべきなのは、神によって定められた義務行為だけでなく、彼らによる任意の崇拝行為における熱心さも同様です。

神の愛が顕著となるのは、それに値する者だけでなく、値しない者に対しても授けられる慈悲と祝福においても同様ですが、それが誰であれ、真摯な悔悟をもって神に立ち返る者たちに対しての赦し深さにおいては特に顕著です。アダムとイブの創造以来、彼らには罪を償うための悔悟が認められ、それは彼らに従う全人類への模範とされました。人間の罪がいかに大きなものとなろうとも、真摯な悔悟の扉はこの世の終わりまで開かれているのです。アナスは神の使徒がこのように述べたと伝えています。

 “全能なる神はこう述べている。「アダムの子よ、あなたがわれに呼びかけ、われに請い願う限り、われはあなたの行いを赦すであろう。そしてわれはそのことを気にかけない。アダムの子よ、あなたの罪が雲に届こうとも、われの赦しを請い願うのであれば、われはあなたを赦すであろう。アダムの子よ、あなたが地上がすべて収まる程の罪を携えてわれの元に来たとしても、われに同位者を配さなかったのであれば、われはそれと同等の赦しをあなたに与えるであろう。”

神の恩寵

天国に入る者たちは、善行のみによってそこに入れられるわけではありません。最終的には神の恩寵によって彼らはそこに入れられるのです。神の最後の預言者は、それについてこう述べています。

 “「正しい行いに最善を尽くし、満足せよ。自らの行いのみによって天国に入る者など誰一人としていないのである。」教友たちは尋ねました。「神の使徒よ!あなたでさえそうなのですか?」彼は答えました。「私でさえそうなのだ。神が私をそのご慈悲と恩寵によってお包みくださらない限りは。また、たとえそれが小さなものであれ、継続的な行いを神は最も愛されるということを忘れてはならない。」”

神による恩寵とは恣意的で気まぐれなものではありません。それは正しい信仰と善行に基づいたものです。クルアーンにおいて、神はこう述べます。

 “善いことを行う者は、それと同じようなものを10倍にして頂ける。だが悪いことを行う者には、それと等しい応報だけで、かれらは不当に扱われることはないであろう。(クルアーン6:160)

もしも神が人の行いにおける精算に厳格であったなら、誰一人してその善行が悪行を上回ることはないでしょう。しかし、神は善行の価値を何倍にも倍増させつつ、悪行の価値をそのままにしておくという恩寵を示しています。真の信仰者が天国に入ることは、ひとえに神の恩寵によるものです。それは、行いには何の役割もないということではなく、行いには重要な役割がありますが、それは決定的な要因ではないということです。神の恩寵はそれらを上回るのです。

人間の創造、そして彼らによる過失と善行は、すべて神の慈悲と赦し深さ、公正さ、恩寵という特質の現れなのです。

なぜ神はこのようにしてその特質をあらわにするのかと人類は問うべきではありません。それが最善のことであると仮定するしかないのです。なぜなら神はご自身を最も叡智に満ちた者かつ最も知識のある者と述べているからです。私たちは、ただ神が私たちに対して説き明かすことだけしか理解できないのです。

 “かれの御意に適ったことの外、かれらはかれの御知識に就いて、何も会得するところはないのである。”(クルアーン2:255)

それゆえ、人々は自らを神と同等であると見なしてはならないのです。もし神が何かを決断されたと人類に告げ知らせたのであれば、なぜその決断をしたのかと問うことは人間の役目ではありません。そうした質問はきりのないものであり、人間の能力の範疇を超えたものです。人間こそがその行為や意図について審判の日に問われるのであり、神ではありません。クルアーンにおいて、神はそれについてこう述べます。

 “かれは、その行われたことに就いて、尋問を受けることはない。だがかれらこそ尋問されるのである。”(クルアーン21:23)

それについて、預言者ムハンマドがこのように述べたとイブン・アッバースは報告しています。

 “神の創造について熟考せよ。ただし神について熟考するのではない。

神の実在について熟考するということは、無限の存在について熟考するということです。有限である宇宙の中の銀河や星々について考えただけでも頭脳は狼狽するというのに、創造主について考えを巡らすということはさらなる困惑につながります。預言者は、解答のない疑問を提起することによって、悪魔の勢力が信仰者の心の中に疑念を呼び起こそうとすることを警告しています。アブー・フライラは神の使徒がこう述べたと伝えています。

 “あなたがたの皆にサタンが来てこう尋ねるだろう。「あれやこれを創造したのは誰か?」そして最後にこう尋ねる。「あなたの主を創造したのは誰か?」悪魔がそうしたなら、神にご加護を求め、こう言いなさい。「私は神とその預言者たちへの信仰を表明し、そうした考えを退けます。」”

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version