L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

アフマディーヤ(上):その起源と歴史

評価:
フォントサイズ:

説明: いかにアフマディーヤがイスラームの教えに相違・矛盾しているかの概観。第1部では、その起源について、またいかにイスラームの教えに反し、分裂したかについて述べられます。

  • より アブドッラフマーン・ムラード
  • 掲載日時 10 Aug 2015
  • 編集日時 10 Aug 2015
  • プリント数: 21
  • 観覧数: 7020 (日平均: 4)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

預言者(神の慈悲と祝福あれ)はこう述べています。「私は神に3つのものを求め、そのうちの2つをお与えになったが、1つはお与えにならなかった。まず私は神にこの共同体が自然災害による破滅から救われるよう求め、神はそれを私にお与えになった。また私は神にこの共同体が諸外国の敵から敗北を喫することからのご加護を求め、神はそれを私にお与えになった。そして私は神にこの共同体が内部崩壊することからのご加護を求めたが、神はそれを私にお与えにはならなかった。」(イブン・フザイマ)

序説

大英帝国は、歴史家から「椰子から松までの(広範な地域の)支配」をしたと形容されます。17世紀末になると、ムスリム世界の大半を含んだ世界の多くの地域を植民地化していました。

植民地政策は天然資源の搾取だけに留まらず、支配下の人々に対する英国独自のイデオロギーや信仰の宣布もされました。大英帝国の異なる地域では、宣教師らが熱心にキリスト教の伝道に励み、その目的達成のために学校が設立されたりと、異なる戦略が用いられました。

ムスリムたちが目の前の敵の危険性に気付くと、結束して軍隊を動員し、無慈悲な帝国の支配から自分たちの領土を解放するための「解放化」攻撃を開始しました。英国にとって地上戦は目新しいものではありませんでしたが、ムスリムによる絶え間ない攻撃が続き、死傷者が増してくると「分割統治」という新たな作戦を採決しました。ムスリムたちと正面衝突するのではなく、ムスリムの中の一派が主流派であるスンナ派から分派するよう仕向けたのです。「地上における神の代理官」と呼ばれたルイ9世も、十字軍の遠征においてそのように指示したものの大失敗に終わったように、ここでもムスリムに対するイデオロギー戦争が始まったのです。

その当時に結成された集団が、1889年に成立した「アフマディー」としても知られた「カーディヤーニー派」です。

作り話による名声

もちろん、誰しもが神の「預言者」を自称することは可能ではありません。ミルザ・グラーム・アフマドはそのことを理解しており、段階的にその計画を実行に移していきました。彼は当初、イスラームの復興主義者を名乗り、こう述べました。「我々はムスリムである。我々は同位者なき唯一なる神を信じ、信仰証言する。我々は神の書であるクルアーン、そして神の使徒ムハンマドを信ずる。我々は諸天使、復活、地獄と天国を信ずる。我々は定めの礼拝と断食を履行する。我々は礼拝時にキブラを向き、神とその預言者によって禁じられた物事を自らに禁じ、許されたものを許す。我々はイスラーム法に何一つ追加しないし、何一つ差し引かない。イスラーム法は改変というものを超越するのである。

このような主張と、力強い弁論手法により、彼は一定のムスリムたちの支持を得ることに成功しました。1891年、彼は「約束されたメシア」であるマフディを名乗りました。そして最終的に1901年、彼は大胆にも神の預言者であると宣言したのです。

カーディヤーニー派の多種多様な主張

あらゆる人々からの支持を取り付けるため、ミルザはその信仰の中に、現地に存在していた様々な宗教の要素を導入しました。それゆえ、彼の教義はインド、スーフィー、イスラーム、そして西洋的要素を含んだのです。

ミルザ・グラーム・アフマドは極めて多くの事柄を主張したため、年代順にそれらを記述することはとても困難となります。

1.彼は自らが神であり、天地の創造主であると主張しました。彼はこう記しています。「我は自分がアッラー/神である夢を見てそう信じた。我は疑いなく、諸天を創造した唯一の者なのである。」(アーイナ・エ・カマーラート)

2.彼は9人の預言者性を主張して、こう述べています。「我はアダムである。我はノアである。我はアブラハムである。我はイシュマエルである。我はモーゼである。我はイエスである。そして我はムハンマドである。」(ローハーニー・ハザーイン)

3.彼は預言者イエスの母であると主張したあと、預言者イエス自身であると主張しました。彼は「最初の神」が彼をマリアに変え、その2年後、神は彼を10ヶ月間妊娠させ、彼をイエスに変えたと主張しています。(ローハーニー・ハザーイン)

4.彼は自身が預言者ムハンマドであったと主張しています。「ムハンマドはアッラーの使徒である。かれと共にいる者は不信心の者に対しては強く、挫けず、お互いの間では優しく親切である。」(クルアーン48:29)彼はこの啓示において彼自身がムハンマドと命名され、使徒とされたと主張しています。(ローハーニー・ハザーイン18207頁)

5.彼はマフディであり、約束されたメシアであると主張しましたが、預言者ムハンマドが言及しているマフディと約束されたメシアの条件は一つとして満たしていませんでした。

6.1904年にシアールコート市で行われた講義において、彼は数千年前にアーリア人の前に現れたクリシュナ神が、神によって遣わされた聖霊がとり憑いた神の預言者であるものの、その教えは後世において改変されたということを神に知らされたと宣言しました。彼はここで、ヒンズー教徒によって世界の最後に現れるとして待ち望まれているアヴァターラであり、同様の性質を持つクリシュナの姿で現れたのだと主張しました

分派

アフマディーヤの集団は2つの分派に別れました。これはミルザ・グラーム・アフマドの最初の後継者だったハキーム・ヌールッディーンの死後に起きました。最初の分派は「アフマディーヤ・ムスリム・コミュニティ」として知られ、より小さな2番目の分派は「イスラーム宣教のラホール・アフマディーヤ運動」として知られています

それら2つの宗派の違いは、2つの要点によって説明されます。第一に、ミルザ・グラーム・アフマドの預言者性についてです。ラホール・アフマディーヤ派は、ミルザ・グラーム・アフマドを比喩的な預言者であると捉えますが、アフマディーヤ・ムスリム・コミュニティ派はミルザ・グラーム・アフマドを預言者として必要なあらゆる資格を満たした完全な預言者であると見なします。

第二の相違点は、いかに彼らが主流派であるスンニー・ムスリムを捉えているかというものです。ラホール・アフマディーヤ派は信仰証言をする人物は誰であれムスリムであり、非ムスリムと見なすことはできないとします[1]

しかしアフマディーヤ・コミュニティ派では、ミルザ・グラーム・アフマドの主張を認めない者は誰であってもムスリムではないとします。それは、たとえミルザ・グラーム・アフマドの名を人生の中で一度も耳にしたことのない者であっても同じであるとしています



脚注:

          http://en.wikipedia.org/wiki/The_claims_of_Mirza_Ghulam_Ahmad

[1]           http://aaiil.info/misconceptions/muslim/whois.htm

          http://www.ahmadiyya.org/qadis/takfir2.htm

 

 

アフマディーヤ(中):カーディヤーニ派の冒涜的信条

評価:
フォントサイズ:

説明: クルアーンによる神の啓示の最終性、預言者ムハンマド、そしてジハードについてのアフマディーヤによる原理的信条。

  • より アブドッラフマーン・ムラード
  • 掲載日時 17 Aug 2015
  • 編集日時 17 Aug 2015
  • プリント数: 19
  • 観覧数: 6181 (日平均: 4)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

神の啓示の最終性

ミルザ・グラーム・アフマドは、その著作や発言の中で自らを「真のムスリム」であると主張していますが、彼による冒涜的な主張は、著作の中のあちこちで散見されます。彼はイスラームの品位を貶めつつこう述べています。「我々は預言者の連続性のない宗教を死した宗教と見なす。我々はユダヤ人、キリスト教徒、そしてヒンズーの宗教は預言者がいないため、それらを死した宗教と呼ぶ。もしイスラームの立場もそうなのであれば、我々は物語を語る者に過ぎないのである。なぜ我々はそれが他の宗教を優越したものであると見なすのか?」(マルフーザト・エ・ミルザ 10巻127頁)

彼はこのようにも述べています。「聖預言者(ムハンマド)の後、神による啓示の扉が復活の日まで完全に閉ざされたとの主張は、いかにばかげた虚偽の主張であることか。全能なる神との直接的な交信のない宗教を、宗教と呼ぶことなどできるのか。全能なる神に誓って言うが、現在私以上にそのような宗教に愛想を尽かしている者はいないのである。そうした宗教は『サタニック(悪魔由来)』であり、神のものではない。そうした宗教は地獄へと導き、人生を盲目的なものとするのだと私は信じる。」(ザミーマ・ブラヒーン・エ・カーディヤニズム5部、ローハーニー・ハザーイン21354頁)

これらの引用から、ミルザ・グラーム・アフマドがイスラームという宗教を嘲り、預言者の連続性が終わったことからそれが「死した宗教」であると主張していることが明白になります。彼はイスラームを完遂させ、生き続けさせるために神の預言者として選ばれたというのです。

ムスリムとして、私たちはイスラームの教えが預言者ムハンマドの生前において既に完成されたということを信じます。神はこう述べています。“今日われはあなたがたのために、あなたがたの宗教を完成し、またあなたがたに対するわれの恩恵を全うし、あなたがたのための教えとして、イスラームを選んだのである。”(クルアーン5:3)

また私たちは、預言者ムハンマドの後にはいかなる預言者も到来しないということも信じています。彼こそは人類に遣わされた最後の預言者なのです。神はこう述べています。“ムハンマドは、あなたがた男たちの誰の父親でもない。しかし、アッラーの使徒であり、また預言者たちの封緘である。”(クルアーン33:40)

預言者ムハンマドは、将来数々の欺瞞者が現れ、それぞれが預言者と自称するであろうことを予言しています。彼はこう述べています。“実に、私の共同体からは30人の嘘つきが現れるであろう。私は最後の預言者であり、私の後には誰一人として預言者は現れないのだ。”(ティルミズィー)

預言者はこう述べています。“イスラエルの民は預言者たちによって導かれた。一人の預言者が死去すると、別の預言者がその後を継いだのだ。しかし、私の後にはもう預言者は現れない。カリフだけが私の後を継ぐのだ。”(サヒーフ・ブハーリー)

預言者は、100年おきにイスラーム宗教を復興させる者が現れると予言しています。彼は述べています。実に、神は各世紀の初めに復興者を遣わせ、イスラーム宗教を復興させるのだ。(アブー・ダーウード)

それらの復興主義者たちは神との直接的つながりを持っている訳ではありません。彼らには真の信仰者としてのムスリムの特徴を持っています。彼らは人々をクルアーンと預言者の慣行に連れ戻すため、不断の努力をするのです。

クルアーン

ミルザ・グラーム・アフマドはこう述べています。“クルアーンは神の書であり、私の口から発せられる言葉である。”1897年3月15日の宣伝、ローハーニー・ハザーイン22巻87頁)

この冒涜的な主張の後、ミルザ・グラーム・アフマドは自分の好きなようにクルアーンの解釈を始めました。クルアーンの節が彼の主張にとっての「危機」となったとき、彼はその都度自分の主張に沿うようその意味を再解釈したのです。預言者であるという主張をする以前、ミルザ・グラーム・アフマドは典拠に従った、適切な理解に厳格に基いていました。預言者ムハンマドが人類にとっての最後の預言者であるという明確な根拠を示すクルアーンの節でさえ、彼は文字通り受け止めていました。預言者を自称し始めた後になり、彼はその節を再解釈し、それが預言者ムハンマドが人類にとって最後の預言者を意味するのではなく、彼の預言者性が「承認の封印」なのであり、諸預言者・諸使徒の美と最善性を示すのであり、最終ではないのだと主張しました。

ミルザは、いくつかのクルアーンの節が、彼自身の偉大さを示すために啓示されたのだとします。彼は、以下の節々が彼のために啓示された節々の一部であると主張しています。

1.“言ってやるがいい。「あなたがたがもしアッラーを敬愛するならば、わたしに従え。”(クルアーン331

2.“われは只万有への慈悲として、あなたを遣わしただけである。”(クルアーン21107

3.“かれこそは、導きと真理の教えをもって使徒を遣し・・・”(クルアーン933)

そのような調子で、彼の追従者たちは「教友」となり、彼の家族は「アフルル=バイト(高潔な一族)」となり、彼の妻は「信仰者の母」となったのです。

彼は保身のためにこう述べています。「そうだ。(我々の主張を)助長するために、クルアーンと調和し、私の『神の啓示』に矛盾しない預言者の伝承は受け入れるのである。それ以外の預言者の伝承に関しては、紙くず同然に捨てるのだ。」(ローハーニー・ハザーイン19巻140頁)

ムスリムは、クルアーンが神の言葉であり、それが大天使ガブリエルを通して預言者ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)に啓示されたことを信じます。神はこう述べています。“本当にわれこそは、その訓戒を下し、必ずそれを守護するのである。”(クルアーン15:9)

クルアーンの解釈は、誰にでも許されたものではありません。クルアーンの解釈には複数の段階があり、その最も高い段階のものがクルアーンによるクルアーンの解釈です。二番目の段階は、預言者にまつわる真正の伝承に基づいたクルアーンの解釈です。三番目の段階は、教友たちの言葉に基づいたクルアーンの解釈です。より弱い段階としての四番目の段階は、言語(クルアーンの意味の翻訳のようなもの)に基づいたクルアーンの解釈です。誰しもが、好きなようにクルアーンの章句を解釈できる訳では決してありません。

預言者ムハンマド

ミルザの追従者たちは、ミルザが預言者ムハンマドに勝る存在であると主張します。彼らはこのように述べています。「約束されたメシア(ミルザのこと)の知的発展は、聖預言者ムハンマドのそれよりも卓越したものである。そしてそれは約束されたメシアが聖預言者ムハンマドに対して持っている優越性の僅か一部に過ぎない。聖預言者の潜在的な知的能力は、文明の欠乏によって完全には発揮されないままだったのである。それは約束されたメシアを通して、文明の発達と共に完全に発揮されたのである。(諸宗教の再評価、19295月、カーディヤーニ・マズハブ、266頁、ラホール版)

ミルザは預言者ムハンマドに下された啓示の一部は虚偽だったのであり、彼は神によって下された啓示のいくつかを誤解したとして、さらに彼を貶めます。(ローハーニー・ハザーイン3巻166−167頁)

さらに彼は、全能なる神と預言者を嘲笑しつつこう述べています。“そして神は聖預言者の埋葬の場として、酷い悪臭のたち込めた、暗くて狭い卑しい場所を選んだのである。”(ローハーニー・ハザーイン17巻205頁)

私たちはムスリムとして、預言者ムハンマドを愛し、敬意を払います。私たちは彼に神格性を属したりはしません。神はこう述べています。“(ムハンマドよ、)言ってやるがいい。「わたしはあなたがたと同じ、只の人間に過ぎない。あなたがたの神は、唯一の神(アッラー)であることが、わたしに啓示されたのである。”(クルアーン18:110)

ミルザの主張は返答にも値しませんが、彼がどのような最後を迎えたかについては特筆すべきでしょう。彼はコレラ菌に感染し、公衆トイレで恥ずべき死を遂げたのです

ジハード

イスラームにおいて私たちが学ぶ基本の一つに、自己防衛があります。何者かが危害を加えてくるのであれば、私たちは単に「反対の頬を差し出す」ということをせず、自らを防衛します。自己防衛、そして外部の侵略者に対する抵抗の正当性に、議論の余地はありません。誰ひとりとして、「神からの命令だ」と自分勝手に主張することによってジハードを取り消すことはできないのです。

ミルザ・グラーム・アフマドは実に、英国の諜報員として適役でした。彼は次のように公言しています。「私は英国政府のために、この国(インド)と他のイスラーム諸国で五万冊もの小冊子を配布した結果、数万人もの人々はその『汚れた』ジハード観を棄てたのである。」(ローハーニー・ハザーイン15巻114頁)

彼はこのようにも述べています。「私は若き頃から、65歳の現在に至るまで、英国政府のためにペンと舌を駆使し、ムスリムたちの心を真の愛と善意、思いやりへと突き動かし、ジハードという概念を馬鹿なムスリムたちの心から廃絶させるという重要な役割を担い続けてきたのである。」(キターブル・バリーヤ、ローハーニー・ハザーイン13巻350頁)

ミルザは都合の良いことに、ジハードが撤回され、イスラームの一部ではなくなったという啓示を神によって「下された」と主張しています。「本日より、人間による剣のジハードは神の命令により撤回された。今からカーフィル(非ムスリム)に剣を振り上げ、自らを神のためのガーズィー(戦士)と名乗る者は、使徒(ムハンマド)に背くこととなるのである。私の到来により、剣のジハードはなくなったのだ。我々は平和と友好の旗を掲げるのである。」(宣伝集3巻295頁)



脚注:

          (http://www.islamicparty.com/commonsense/18qadi.htm)

 

 

アフマディーヤ(下):応報

評価:
フォントサイズ:

説明: ミルザ・グラーム・アフマドによる冒涜行為の要約と、正統派ムスリムによるアフマディーヤへの姿勢を含む、アフマディーヤについての総括。

  • より アブドッラフマーン・ムラード
  • 掲載日時 24 Aug 2015
  • 編集日時 24 Aug 2015
  • プリント数: 18
  • 観覧数: 5958 (日平均: 3)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

自称預言者による冒涜行為

神によって遣わされたすべての使徒と預言者は、数々の奇跡によって援助されました。そのことを知っていたミルザは、彼の生前に実現されるという「予言」をでっち上げる必要がありました。そうすることにより、彼の預言者性を尤もらしくしようとしたのです。予言を行うにあたっては、人々に対する説得力が求められます。ミルザはこう記しています。「神は頻繁な降雨がもたらされると私に啓示した。その頻繁さから、多くの村は被害を被るであろう。その後、大規模な地震が続くであろう。」

彼の追従者たちの一部は、指導者が予言をしたことについて歓喜しました。しかし実際、それは予言としての基準を満たさないものでした。彼は降雨がどこでもたらされるかには言及していません。もちろん、論理的にそれは世界中のどこにおいても起き得ることです。

このような予言から、彼は期待した数の追従者たちを獲得することができず、神から啓示されていたとされる「予言」を的中させる必要性に迫られていました。それゆえ彼は1886年の2月20日、神は彼に祝福された女性たちを娶らせ、それらの女性から数多くの子どもが生まれることが啓示されたと宣言しました。その予言をした当時、彼は46歳でしたが、「ムハンマディー・ベグム」という名の女性との結婚宣言にも関わらず、誰一人として結婚できなかったのです。

ムハンマディー・ベグムは、追従者の一人だったアフマド・ベグの娘でした。ミルザ・グラーム・アフマドは彼女の父親に彼女を娶らせてくれるよう頼みましたが、父親はそれを拒みました。必死になったミルザは、彼女との結婚は神の定めであると宣言しました。彼は賄賂や多額の富をアフマド・ベグに申し込みましたが、それでも思惑通りには行きませんでした。その後、彼は彼女との結婚の許可をくれるよう懇願するようになりましたが、それも失敗に終わったとき、彼を脅迫するようになりました。アフマド・ベグは断固として折れず、娘を一般人の兵士と結婚させました。するとミルザはムハンマディーの夫はやがて死ぬのであり、その後彼女は自分と結婚するのだと宣言しました。それが実現するまでには3年かかると定めましたが、20年後にミルザ・グラーム・アフマドは死んだものの、兵士はその後40年に渡って生き続け、女性の方はさらに長寿だったのです。

予言の失敗の別の例としては、アブドッラー・アサムというキリスト教徒に関してのものがあります。1893年、その人物とミルザとの間にある議論が持ち上がり、双方ともに議論に勝つことはなかったものの、それによってミルザは非常に憤慨しました。1883年の6月5日、彼はアブドッラー・アサムが15ヶ月以内(1894年9月5日迄)に死ぬということを神に告げ知らされたと宣言しました。期限は過ぎたものの、アブドッラー・アサムはその後も長きに渡り生き続けました。

スンナ派ムスリムのアブドル=ハキーム博士がミルザ・グラーム・アフマドと言い合いになり、彼との公開議論を呼びかけ、その中で彼を嘘つき呼ばわりした際、ミルザは激怒しアブドル=ハキームは彼の生前に死ぬことを予言しました。1907年の5月4日、アブドル=ハキーム博士は同様に、ミルザ・グラーム・アフマドが彼の前に死ぬであろうと予言をし返しました。ミルザ・グラーム・アフマドはそれから約一年後の19085月26日に、68歳で亡くなりましたが、アブドル=ハキーム博士はその後も長年生きしたのです。

予言を2度外し、自ら偽預言者であることを証明してしまった彼は、「実に、われらは従順な男児をもたらす吉報を与える」と神に啓示されたことを宣言します。彼は男児の誕生が1907年の9月16日となることを宣言しますが、実現することはありせんでした。さらに1907年の10月、神によって「われはやがて誠実な男児をあなたに与えるであろう」という別の啓示を受けたとも主張し、その子をヤハヤと命名すると宣言しますが、その男児も生まれることはなく、彼による預言者の主張は全くの嘘であることをさらに証明してしまうのです。

カーディヤーニ派に対するムスリムの姿勢

アフマディー、またはミルザーイーとしても知られるカーディヤーニ派は、数千人ものムスリム学者たちによって、非ムスリムであると宣言されています。以下の文章は、イスラーム法評議会( Islamic Fiqh Council )によって発表されているものです。

ミルザ・グラーム・アフマドが預言者であり、啓示を受けたという主張は、彼自身と彼に合意する者を背教者とし、イスラームの範疇から逸脱させる。ラホール派(「イスラーム宣教のラホール・アフマディーヤ運動」)については、カーディヤーニ派の主流派であり、彼らにも同様に背教の裁定が当てはめられる。それは彼らがミルザについて「預言者ムハンマドの影であり、顕現である」と主張するからである

このことは、ヒジュラ暦1394年のラビーウル=アウワル月(1974年4月)1418日に、サウジアラビアのマッカで開催されたイスラーム世界連盟会議においても言及され、アフマディーヤ/カーディヤーニ派がムスリムでないということについて、会員が満場一致で結論に達しています。

結論

最後に、ミルザが名声を欲した嘘つきであったということは、疑いの余地なき事実であったことが結論付けられます。彼は、時には自分自身を見失ったかのようでもありました。彼はこういった詩をしたためています。「私はミミズである。人間ではない。私は人類の卑猥な部分であり、恥ずべき地位なのである。」(ブハヒーン・エ・カーディヤニズム5巻、ローハーニー・ハザーイン21127頁)

神はこう述べます。“アッラーについて、虚偽を作り上げる以上に、不義を行う者があろうか。また何も啓示を受けないのに「わたしに、啓示が下った。」と言う者。あるいは「わたしはアッラーが下されたのと、似たものを下せる。」と言う者(以上に不義者があろうか)。これらの不義の徒が、末期の痛苦の中で、天使たちが手を差し出して、「あなたがたの魂を渡せ。あなたがたはアッラーに就いて、真実ではないことを言ったりその印にたいして傲慢な態度をとってきたりしたことに、恥ずべき懲罰を載くのだ。」と言う時の姿をあなた(ムハンマド)に見せてやりたいものである。(クルアーン693



脚注:

          Majma’ al-Fiqh al-Islami, p. 13

          http://alhafeez.org/rashid/rabita.html

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version