您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

クルアーンの著者は誰なのか(2/3):詩人や教師の言葉である可能性

評価:
フォントサイズ:

説明: クルアーンが第三者により預言者ムハンマドへ伝授された可能性について。

クルアーンの文体

クルアーンの文体と、ハディースの文献に記録されているムハンマド自身の表現法との間には大きな隔たりがあります。双方の違いは、様式や内容などにおいて、あらゆる観点から明瞭な形で見分けることが出来ます。ムハンマドの言葉(ハディース)とは会話・演説・説明形式であり、アラブ人にとって既に慣れ親まれている形式でした。クルアーンの様式はそれとは対称的に、威厳に満ち溢れています。

“われらは天と地を創造した・・・”(クルアーン 15:8544:38、46:350:38)

また、こういうものもあります:

“言え!”1

また

“・・・もしそれ(クルアーン)がアッラー以外のものから出たとすれば、彼らはその中にきっと多くの矛盾を見出すであろう。”(クルアーン 4:82

また、

“言え。「それなら、それに似た1章を持ってきなさい。またあなた方の言葉が真実ならば、アッラー以外に汝らを助けることの出来る援助者に願ってみなさい。」”(クルアーン 10:38

また、

“・・・それに類する1章〔スーラ〕でも作ってみなさい・・・もし汝らが出来ないならば―いや、出来るはずもないのだが―それならば・・・”(クルアーン 2:2324)

一体どのような人間が人類に対し、クルアーンの著者が主張するような、その中に含まれている間違いを探し出すという挑戦を宣言することが出来るでしょうか(クルアーン482)?試験の答えを答案用紙に記入したあと、 “私の答案をじっくりと調べ、その中から間違いを探し出すことが出来ますか?”という講師への注釈を書き足す、賢慮な生徒がいるでしょうか?クルアーンの様式とは、全知なる創造主の様式そのものなのです。

更にクルアーンはアラブにおける代表的文学であり、その雄弁さにおいては依然として肩を並べるものがありません。そのリズミカルな文体、押韻、深く印象的な表現、荘厳さ、そして“人を動かし、涙させ、快楽に酔わせるかのような、決して真似することの出来ない調和性”2  は、優れた雄弁術を誇った当時の社会を根底から揺るがすものでした。マッカでは毎年、誰が最も長く暗誦ができ、雄弁であるかが競われていました。しかしクルアーンが啓示されると、それらの競技はクルアーンと競うことが出来ないために意義を見出せなくなり、やがて中止されてしまったのです。

モーゼは、当時の魔法・魔術に関して長けていたファラオの魔術師たちと対峙し、杖を本物の蛇に変える奇跡を見せて彼らの魔術を凌駕しました。またイエスの場合は、医学に優れていた当時のユダヤ人社会において盲人の目を癒し、死人を甦らせる奇跡によって彼らを圧倒しています。人々に対して奇跡を見せることによって彼らの預言者性を証明することは、預言者ムハンマドの奇跡であるクルアーンと非常に似通ったケースです3 いかにしてそのような壮大かつ無比なる表現が40年間に渡り、一度もそのような能力を持っていたと知られていなかった男性から発せられることがあるでしょうか?

クルアーンとバイブルの共通点と相違点

二つの本に共通点が存在するからといって、そのどちらかが模倣されたのであると結論付けるのは間違っています。それら双方は、第三の共通した源泉によって共通事項が存在している可能性もあるからです。事実これは、あらゆる真性の啓示は神によるものであるという、クルアーンの主張によるものです(クルアーン 4:47)。

一部の学者たちは、預言者(神の称賛あれ)が預言者としての使命を受ける前に出会った唯一のキリスト教徒とは十分な時間を過ごしておらず、彼らの啓典を学ぶことは無理だったはずであると述べています。また預言者がユダヤ教徒、またはキリスト教徒から何かを学んだという歴史的記録も何一つ存在していません4。また彼の時代のアラブ人たちは、預言者の名誉を傷つけようと必死でした。従って、もし彼の師が存在したのであれば、彼らによって暴露されていたはずなのです。

また、それら双方に重大な教義上の違いが見られるにも関わらず、クルアーンがバイブルを模写したと主張することは可能でしょうか?神の概念や預言者性、罪と赦しといった教義について、クルアーンはバイブルと著しく異なっています。事実、クルアーンはユダヤ教徒とキリスト教徒に対して、彼らの啓典における腐敗を直接指摘し、正しています。興味深いことに、キリスト教の間違いに関してのクルアーンの啓示の大部分は、預言者が多くのユダヤ教徒やキリスト教徒の学者たちに会うことの出来たであろうマディーナへの移住前、つまりマッカ時代に下されているのです。

そして双方の啓典のの似通った既述に関してでさえ、重大な相違が発生していることが分かります。例えばクルアーンは以下の点でバイブルと異なります:

·        クルアーンはエデンの園でのアダムとイブによる神への不従順の罪に関し、女性を咎めません。(創世記312−17とクルアーン91:78を比較の事);

·        クルアーンではアダムとイブによる悔悟が強調(クルアーン 723)され、そして彼らが赦しを受けたこと(クルアーン 2:37);

·        クルアーンではアダムとイブによる地上での生活は、彼らが創造される前から計画されていたという既述(クルアーン 230)があり、それがバイブルにあるような罪への罰(創世記 317−19)ではないということ。

他の重要な相違としては、ソロモン5、アブラハム6、イシュマエルとイサク、ロト、ノア7、モーゼ、そしてイエス8(神の慈悲と祝福あれ)の既述において見られます。

またクルアーンでは、バイブルが完全に沈黙している歴史的事実に関しても多く語られています。以下の既述の内、どれがバイブルから模写されたものでしょうか?

·        アードとサムードのする逸話、彼らにわされた預言者フードとサーリフ

·        大洪水こる、預言者ノアと息子対話(クルアーン11:42−43)。

·        アブラハムと父親対話(クルアーン674)、また対話(クルアーン2258)、そしてとの対話(クルアーン22:70102;29:16−1837:83−98;2157)。

·        イラムの都に関する既述(クルアーン897)。

·        モーゼのエジプト出国においてファラオが溺死したこと、そしてその遺体が未来の世代への徴のため(ミイラとして)維持されたこと(クルアーン109092)。

·        イエスが生後間もないりかごのから人々ったことクルアーン346)、そしてからの力添えによりえたことクルアーン349)等。

更なる例に関しては、クルアーンの2169、2:260、そして3:37などを参照して下さい。



Footnotes:

1これはここに記するには多すぎる程クルアーンのなかで既述されています。例えば、クルアーン112,113,114章を参照の事。

2 Marmaduke Pickthall, The Meaning of the Glorious Quran, ニューヨーク:The Muslim World League,1977,vii頁。  

3サヒーフ・アル=ブハーリー第6,ハディース504番;サヒーフ・ムスリム第1,ハディース283番。

4 Bilal Philips, Usool at-Tafseer,シャルジャ, Dar al-Fatah, 1997, 127-128頁。

5クルアーンは預言者ソロモンが偶像崇拝者であったことを否定します。クルアーン2:102と第一列王記114を比較の事。

6クルアーンでは、自分の息子を生け贄に捧げよという神の指令を夢で見たアブラハムと、その指令を進んで引き受けた彼の息子が、神の介在により救われた逸話が既述されていますが、バイブルでは神がアブラハムに直接話しかけ、彼の息子はそれを知らなかったと描写されています。クルアーン37:99−111と創世記22:1−19を比較の事。

7バイブルでは大洪水が全地球を覆ったと記されていますが、クルアーンではそれが局地的なものであるとされており、これは科学的根拠とも合致します。クルアーン25:37と創世記723を比較の事。

8イエスは決して十字架にかけられることはなかったという重大な相違点が、クルアーンにあります。

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

同カテゴリからの他の記事

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version