您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

您所请求的文章/视频尚不存在。

The article/video you have requested doesn't exist yet.

L'articolo / video che hai richiesto non esiste ancora.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

요청한 문서 / 비디오는 아직 존재하지 않습니다.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

המאמר / הסרטון שביקשת אינו קיים עדיין.

The article/video you have requested doesn't exist yet.

マーガレット・マルカス 米国出身の元ユダヤ教徒(5/5)

評価:
フォントサイズ:

説明: ユダヤ教徒へのイスラーム宣教、そしてマーガレットの人生におけるイスラームの影響について。

  • より マーガレット・マルカス
  • 掲載日時 05 May 2014
  • 編集日時 05 May 2014
  • プリント数: 115
  • 観覧数: 5538 (日平均: 3)
  • 評価: まだ評価されていません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

Q:これまで他のユダヤ教徒たちとイスラームについて話す機会はありましたか

A:一つ、印象深い出来事として、あるユダヤ教徒の紳士とイスラームについて話し合うことのできた機会がありました。ニューヨーク・イスラミック・センターの、ショレイバ博士が特別な来客者に私を紹介してくれたときのことです。ある金曜礼拝の後、私はイスラームについて質問するために彼のオフィスを訪れたのですが、私が「アッサラーム・アライクム」と挨拶しようとするやいなや、彼の前にもみ上げを伸ばし、広いつばをした黒帽を被り、黒いシルクのカフタン長衣をまとい、ふさふさした濃い顎髭を生やした超正統派であるハシディーム派ユダヤ教徒が座っていたのです。彼の腕には、イディッシュ語の新聞The Daily Forwardが挟まれていました。彼はサミュエル・コステルウィッツと名乗り、ニューヨーク市でダイヤ切りとして働いていると言いました。彼曰く、彼の家族の大半はブルックリン・ウィリアムズバーグのハシディーム派コミュニティに住んでいるとのことでしたが、イスラエルにも多くの親戚や友人たちが住んでいるとのことでした。ルーマニアの村で生まれた彼の家族は、第二次世界大戦が勃発する直前、ナチスによる迫害を逃れてアメリカに移り住んだのだと言いました。私はどうして彼がモスクに来たのか聞いてみました。彼は5年前に母親を亡くして以来、耐え難い程の悲しみに明け暮れていることを告げました。彼はシナゴーグで、悲しみの慰めや癒しとなるものを求めたそうですが、ウィリアムズバーグにおける超正統派のコミュニティでさえ、多くの恥知らずの偽善者たちがのさばっていることを知った彼は、そうすることも出来ませんでした。最近イスラエルへ旅したことは、彼をこれまでになく激しく幻滅させました。彼はイスラエル人の信仰心の無さにショックを受け、若いサブラ(イスラエル出身者)たちのほぼ全員が好戦的な無宗教者だったことを私たちに告げました。彼が訪れたキブツィーム(集合農場)で豚の大群を目にしたとき、彼はぞっとしてこう声を上げたそうです。「ユダヤ教国家に豚とは!ここに来るまで、こんなことがあるとは思っても見なかった!」彼は私たちにこう言いました。「そしてイスラエル在住の罪のないアラブ人たちへの残虐な仕打ちを目撃した私は、イスラエルとナチスには違いなどないことを確信したのです。神の名において、そうした恐ろしい犯罪を正当化することは、私には決して、決して出来ませんでした!」それから彼はショレイバ博士の方を向き、彼がムスリムになりたいということを伝えましたが、正式に改宗するという後戻りできない一歩を踏み出す前に、イスラームの知識をもっと得たいということでした。彼はオリエンタリア書店でアラビア語文法の本を購入し、アラビア語を独学していたと言いました。彼は自らのたどたどしい英語について私たちに謝罪しました。イディッシュ語が彼の第一言語で、ヘブライ語が第二言語だと言いました。彼らの間では、家族や友人間でイディッシュ語のみが使われていたそうです。彼は英語を読むことが殆どできなかったため、良質のイスラーム文献に当たることができませんでしたが、英語辞典を使い、彼がそれまで読んだ中でも最も素晴らしい本だったと称賛する、パリのムハンマド・ハミードッラー著「イスラーム概説」を苦労して読んだそうです。ショレイバ博士同席のもと、コステルウィッツ氏とさらに一時間を過ごし、バイブルにおける長老・諸預言者の逸話と、聖クルアーンのそれを比較しました。私はノアの泥酔、ダビデの姦通、ソロモンが多神崇拝したとされる、バイブルの矛盾・改ざん部分を指摘し、そして聖クルアーンがそれらの長老たちを正式な預言者たちの階級に上げ、神がそれらの犯罪から彼らを遠ざけたのだということを説明しました。また私は、神がアブラハムに犠牲として捧げることを命じたのは、なぜイサクではなくイシュマエルだったのかについて説明しました。バイブルで神はアブラハムにこう告げます。「汝の息子、汝の愛するただ一人の息子を連れ、彼を燔祭としてわれに捧げるのだ」イシュマエルはイサクの13年前に生まれましたが、ユダヤ教バイブルの注解者たちは、イシュマエルの母であるハガルがアブラハムの妾に過ぎず、正式な妻ではなかったと言って彼女の地位を貶め、イサクこそがただ一人の正当な息子であると主張するのです。しかしイスラームの伝承において、ハガルはサラ同様、正式な妻としての地位を得ています。コステルウィッツ氏は私に、長い時間を費やしてくれたこと、そしてそれらの真実について教えてくれたことに対して深い感謝の念を表してくれました。その謝意を表すため、彼はショレイバ博士と私を彼の行きつけのコーシェル・デリ(ユダヤ教の食戒律に従った食堂)での昼食に誘うといって譲りませんでした。コステルウィッツ氏は、何よりもイスラームに改宗したいと私たちに言いましたが、彼の家族や友人たちから受けることになる迫害に耐えることが出来ないようになることを怖れていました。私は彼に神による助力を祈るよう言い、彼はそれを約束しました。彼が去ると、私は彼のような紳士的で親切な人物と会話が出来たことを光栄に思いました。

Q:イスラームがあなたの人生に与えた影響とは何でしょうか?

A:イスラームによって、絶対的価値を求める私の探求心は満たされました。私はイスラームから、真実・善良で美しいもの、そして人の生死に意義と指針を与えるものを見いだしましたが、他の宗教において真実は歪曲され、制限され、断片的にか見いだせません。どうやってそれを知ることが出来たのかと誰かが問うのであれば、私にはそれが個人的に人生の教訓から学び、確信を得たものであるとしか言うことが出来ません。それゆえ、私がイスラームの信仰に従おうと思ったのは、冷静ながらも強い信念の伴ったものでした。私はイスラームというものを知る前から、気質の面では常にムスリムであり続けてきたと思っています。私の改宗は、自らの心持ちを根本的に変えてしまうようなものではなく、長年に渡って想い続け、切望し続けてきたものをおおやけなものとする、主に形式上の手続きに過ぎないことだったのです。

典拠:The Islamic Bulletin, San Francisco, CA 94141-0186

この記事の一部

全部観覧する

コメントを付ける

同カテゴリからの他の記事

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version