最も観覧されている記事(合計)

結果: 521 - 540 の 710
ディスプレー・ナンバー 
開始戻るページ:次に進む終了する

ムスリムになりたいのですが、でも・・・イスラーム改宗についてのよくある誤解(中)

説明:

イスラーム改宗を阻んでいる、さらなる誤解

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 30 Mar 2015
  • 編集日時 30 Mar 2015
  • 観覧数: 2553 (日平均: 5)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ブランドン・トロポフ 元キリスト教徒の米国人(前編)

説明:

聖書における最も真正なくだりであるとされる「Q資料」の研究が、彼をイスラームへと導きます。前編:伝統的キリスト教における問題。

  • 演説者: ブランドン・トロポヴ
  • 掲載日時 08 Jul 2013
  • 編集日時 08 Jul 2013
  • 観覧数: 2551 (日平均: 2)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

敬意(中)

説明:

失われてしまった敬意をいかにして取り戻すか。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 13 Jan 2014
  • 編集日時 13 Jan 2014
  • 観覧数: 2551 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

リンダ・デルガド/米国出身の元キリスト教徒(前編)

説明:

米国人の婦人警官によるイスラーム改宗記。

  • 演説者: リンダ・デルガド
  • 掲載日時 24 Jun 2013
  • 編集日時 24 Jun 2013
  • 観覧数: 2546 (日平均: 2)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

病気に罹ったときの振る舞い方(下):神の慈悲は無制限であること

説明:

病気や怪我になったときに取るべき実践法。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 30 Dec 2013
  • 編集日時 30 Dec 2013
  • 観覧数: 2546 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

神はどこにいるのか

説明:

神は諸天と被造物を超越される御方です。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 24 Nov 2014
  • 編集日時 28 Sep 2015
  • 観覧数: 2542 (日平均: 4)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ムスリムの発明家がいかに世界を変えたか

説明:

ムスリムたちがその基礎を築いた、あるいは現在も使われている様々な発明品について。

  • 演説者: ポール・ヴァレリー
  • 掲載日時 11 Nov 2013
  • 編集日時 12 Nov 2013
  • 観覧数: 2523 (日平均: 3)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

審判の公正さ

説明:

なぜ審判の日があるのか、そしてイスラーム以外の宗教の結末はどうなるのか、という質問についての簡単な考察。

  • 演説者: ローレンス・ブラウン、医学博士
  • 掲載日時 17 Jan 2011
  • 編集日時 29 Jul 2012
  • 観覧数: 2520 (日平均: 1)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ハッジ― 巡礼(前半)

説明:

ハッジの始まりと、カアバの重要性について。

  • 演説者: サウード・アル=ハジャリー
  • 掲載日時 27 Jan 2014
  • 編集日時 13 Sep 2015
  • 観覧数: 2504 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

イスラーム改宗の利点(上)

説明:

あなたの疑問にお答えします。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 16 Mar 2015
  • 編集日時 27 Mar 2016
  • 観覧数: 2503 (日平均: 5)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

リンダ・デルガド/米国出身の元キリスト教徒(後編)

説明:

イスラーム改宗後の、新しい経験。

  • 演説者: リンダ・デルガド
  • 掲載日時 01 Jul 2013
  • 編集日時 01 Jul 2013
  • 観覧数: 2477 (日平均: 2)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ペルシャ人のサルマーン 元ゾロアスター教徒(前半):ゾロアスター教からキリスト教へ

説明:

最も偉大な教友の一人で、元ゾロアスター教徒(マギ教徒)だったペルシャ人サルマーンが、真の神による宗教の探求の旅について語ります。第一部:ゾロアスター教からキリスト教へ。

  • 演説者: ペルシャ人のサルマーン
  • 掲載日時 17 Feb 2014
  • 編集日時 17 Feb 2014
  • 観覧数: 2472 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ムスリムになりたいのだけど、でも・・・イスラーム改宗についてのよくある誤解(下)

説明:

罪、他者の反応を恐れること、そしてムスリムは他者によるイスラーム改宗を止めるべきではないということへの無知。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 30 Mar 2015
  • 編集日時 30 Mar 2015
  • 観覧数: 2461 (日平均: 5)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

ウンム・アブドルアズィーズ 米国出身の元キリスト教徒(2/4):キリスト教におけるイエス

説明:

キリスト教の原典に基づいた、イエスの神格性に関する調査。

  • 演説者: ウンム・アブドルアズィーズ
  • 掲載日時 24 Mar 2014
  • 編集日時 26 Mar 2014
  • 観覧数: 2446 (日平均: 3)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

生きた惑星、地球

説明:

地球は人間のために特別に設計されており、地球と宇宙で見られる複雑なバランスは、神の存在を証明しています。ただし、それを理解できるのは、真に熟慮する人々だけなのです。

  • 演説者: A.O.
  • 掲載日時 24 Sep 2012
  • 編集日時 24 Sep 2012
  • 観覧数: 2428 (日平均: 2)
  • 評価: 5 から 5
  • 評価者 1
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

神の御名(上):アッラーとは誰か

説明:

イスラームの概念における神、「アッラー」という言葉の意味、そして神の持つ様々な御名の紹介。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 15 Dec 2014
  • 編集日時 15 Dec 2014
  • 観覧数: 2418 (日平均: 4)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

全人類への使徒

説明:

ムスリム(イスラーム教徒)の聖なる啓典であるクルアーン(コーラン)は人々に対し、神が人々への最後のメッセージを伝えるために選んだ一人の男、つまりムハンマド‐彼に神のご慈悲と祝福あれ‐を受け入れるよう、愛情を込めつつ呼びかけています。

  • 演説者: IslamReligion.com
  • 掲載日時 10 May 2010
  • 編集日時 10 May 2010
  • 観覧数: 2380 (日平均: 1)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 1
  • コメント日時: 0

神の御名(中):最も慈悲深き御方

説明:

アッラーの美しき御名についての解説。アッ=ラフマーンとアッ=ラヒーム。

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 15 Dec 2014
  • 編集日時 15 Dec 2014
  • 観覧数: 2373 (日平均: 4)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

神の御名(下):御名を使った祈願

説明:

アッラーの御名から、いかにして益を得ることができるかについて

  • 演説者: アーイシャ・ステイシー
  • 掲載日時 22 Dec 2014
  • 編集日時 22 Dec 2014
  • 観覧数: 2357 (日平均: 4)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0

なぜ神は人類を創造したのか(1/4):神への崇拝

説明:

人類が創造された目的とは、神を崇拝することです。第1部:人類にとっての崇拝の必要性とは。

  • 演説者: Dr. ビラール・フィリップス
  • 掲載日時 05 Jan 2015
  • 編集日時 05 Jan 2015
  • 観覧数: 2357 (日平均: 4)
  • 評価: まだありません
  • 評価者 0
  • メール数: 0
  • コメント日時: 0
結果: 521 - 540 の 710
ディスプレー・ナンバー 
開始戻るページ:次に進む終了する

観覧

DAILY
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
TOTAL
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)

編集者のおすすめ

(もっと 読む)

記事をリストする

あなたの前回の訪問
このリストはまだ空です。
すべての日時
(もっと 読む)
(もっと 読む)

最も人気

最高の評価
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のメール送信数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のプリント数
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
(もっと 読む)
最多のコメント数
(もっと 読む)

あなたのお気に入り

あなたのお気に入りリストは空です。 記事ツールから、このリストに記事を追加することが出来ます。

あなたの履歴

あなたの履歴リストは空です。

View Desktop Version