The Religion of Islam  
 

 
 

Recommend Us
| More
 

イスラームとは何か?(3/4):イスラーム信仰の本質的要素

  
Description: イスラーム信仰の概観。
By IslamReligion.com
Published on 22 Mar 2010 - Last modified on 22 Mar 2010
Viewed: 6842 (daily average: 4) - Rating: 5 out of 5 - Rated by: 1
Printed: 289 - Emailed: 0 - Commented on: 0

Category: 記事 > イスラームの信条 > イスラームとは?

イスラームにう者には、確固とした信念を持たねばならない様々な信仰的側面がある。その中でも最も重要なものは六つあり、それらは一般に“六信”と呼ばれる。

1)神への信仰

イスラームは厳格な一神教を掲げますが、そのような中、神への信仰は人々の核心部分に相当します。またイスラームは神は子をもうけられず、お生まれにもならないという唯一神信仰を説き、神以外の何者も世界の管理において共同するものはないとします。神だけが生と死、善や試練をもたらし、創造物に糧を供給するのです。イスラームにおける神とは、唯一の創造者、主、供給者、支配者、裁決者、そして宇宙の救済主なのです。神の知識や威力などの特質や能力に匹敵する者は存在しません。全ての崇拝や敬慕は神に対してのみ向けられます。これらの概念のどれかが侵害されれば、それはイスラームの基礎を否定することにつながります。

2)諸天使への信仰

イスラームの追従者は、クルアーンでも述べられている不可視の世界信じなければなりませんこの世には神により特定の任務を任せられた諸天使が存在します。かれらには自由意志がなく、命令に反する能力も持ちません。かれらの天性は神に忠実なしもべであることなのです。諸天使は神格化されず、崇拝や称賛の対象ともなりません。かれらは神のしもべに過ぎず、神のあらゆる命令を守るのです。

3)諸預言者・使徒への信仰

イスラームは普遍的かつ包括的な宗教です。ムスリムは預言者ムハンマド(彼に神の称賛を)だけでなく、アブラハムやモーゼを含むヘブライ人の諸預言者、イエスやヨハネなどの新約聖書の諸預言者も信じます。イスラームでは、預言者はユダヤ人やキリスト教徒だけにではなく、全世界の全民族に対するただ一つの核心的メッセージをもって遣わされたのであるのだと説きます。それはつまり、ただ神のみを崇拝しなさい、というメッセージなのです。ムスリムは神がクルアーンの中で触れている全ての預言者を差別することなく信じます。そして最後のメッセージを携えて遣わされたのがムハンマドであり、彼の後に預言者が来ることはありません。彼のメッセージは最終かつ永続的であり、神は彼を介して人類に対するメッセージを終結したのです。

4)諸啓典への信仰

またムスリムは、神が諸預言者介して人類に啓示した数々の啓典を信じます。これらの啓典にはアブラハムの諸啓典、モーゼのトーラー、ダビデの詩編、そしてイエスの福音なども含まれます。これらの啓典は共通の源泉(神)と同一のメッセージを有し、全て真実の形で啓示されました。しかしそれらの真実がずっと保持されていたわけではありません。ムスリム、そして多くのユダヤ教徒やキリスト教徒の学者や歴史家により、今日存在しているクルアーン以外の全ての啓典は本来の形ではなく、改竄あるいは幾度にも渡る翻訳をされ続けた結果、元来のメッセージが失われていることが明らかになっています。

キリスト教徒が、旧約聖書新約聖書によりうされその任務をたしたと見なすのと同様、ムスリムはユダヤ教、キリスト教とその他全ての諸宗教の啓典教義にり込んだ過ちをすため、預言者ムハンマドが神による啓示を受けたのだと信じますこの啓示こそがクルアーンであり、それはアラビア語で下され、現在も元来の形をそのまま保っているのです。それは精神的、世俗的、個人的そして集団的側面などに限らず、あらゆる側面から人類を導きます。クルアーンは人生における品行のあり方を含む一方、物語やたとえ話による教訓を与えると同時に神の特性を説明し、更には人間社会の最適な運営法を提供するのです。そこには全ての人々、場所、時代に対する教導があります。現在、何百万人もの人々がクルアーンを暗記し、全てのクルアーン写本は今も昔も変わらない形で残存しています。神は人類にとって導きが明確であるよう、また全預言者のメッセージを探し求める者がそれを得られるよう、神ご自身が終末の時までクルアーンをあらゆる改ざんや変更から護ると約束しています。

5)死後の世界への信仰

ムスリムは全創造が滅びる日が到来し、現世における所業をかれる時来ること(審判の日)信じますこの日人々は現世での生活をいかに過ごしたかを神の面前で問われます。そして神と人生への正しい信仰を持ち、その信仰を善行をもって実践した者は楽園へと入れられます。その罪の一部が神の無限なる正義によって赦されなかった場合には、それを地獄で償わなければなりません。多神教に染まってしまった人々は地獄へと落とされ、永久にそこから出ることはないでしょう。

6)天命への信仰

イスラームはが全ての知識と権能を有すると説き、神の知らないこと、神のご意思ではないことは何もこらないとします。天命、宿命、または“運命”はアラビア語でアル=カドルとして知られます。神はあらゆる創造物の運命を既にご存知なのです。

しかしながらこの信仰人間が自由意志により自らの道をみ、行動起こすこととは矛盾しません。神は私たちに何も強要しませんし、私たちは神に従うか、背くかを選ぶことが出来るのです。そして私たちの選択は、私たちがそれを選ぶ前からもう神はご存知なのです。また私たちは自分の運命を知りませんが、神はあらゆるものの運命をご存知です。

したがって、私たちに何起ころうがそれはの意思によるものであり、神は全知であることを私たちは確信すべきなのです。この世界には私たちの理解を超えるものがありますが、私たちは神の叡智が全てに及ぶことを信頼すべきでしょう。

Previous: イスラームとは何か?(2/4):イスラームの起源   Next: イスラームとは何か?(4/4):イスラームにおける崇拝
Parts of This Article
イスラームとは何か?(1/4):イスラームの核心
イスラームとは何か?(2/4):イスラームの起源
イスラームとは何か?(3/4):イスラーム信仰の本質的要素
イスラームとは何か?(4/4):イスラームにおける崇拝
View all parts together
Article Tools
PoorBest  Rate this article Rate it
Back to top Back to top
Print Print Save this article Save E-mail this article to a friend E-mail PDF Format PDF Format
Add a comment on this article Add a comment View or hide comments on this article View comments (No comments) Add this article to your favorites on this site Site favorites Add this article to Explorer favorites Explorer favorites
| More
Other Articles in the Same Category
Category: 記事 > イスラームの信条 > イスラームとは?
なぜイスラームなのか?
イスラームは他の宗教とどう異なるか?(パート1/2)
イスラームは他の宗教とどう異なるか?(パート2/2)
イスラームに関してよくある7つの質問(パート1/2)
イスラームに関してよくある7つの質問(パート2/2)
イスラームに関する誤解のトップ10(後半):さらなる俗説
イスラームに関する誤解のトップ10(前半):情報へのアクセスはイスラームへの誤解を止めるものではないということ
   

The Religion of Islam Home Page Home Page

Contact Us Contact Us

EnglishEspañol
FrançaisDeutsch
РусскийPortuguês
中文Japanese
Italian

  Live Help by Chat  
Online daily:
From  to 
(according to your computer time)

  Login  
Username
Password
Remember me
Forgot your password?
No account? Register & Why?

  Most Popular  

  List Articles  

  Your Favorites

Your favorites list is empty.  You may add articles to this list using the article tools.


  Your History

Your history list is empty.

Disable recording my history